現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

SL人吉号、復活の汽笛 JR工場で試験走行

2009年2月8日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真煙を吐きながら疾走する「SL人吉」号=6日午後、北九州市小倉北区、藤脇正真撮影

 老朽化から引退したものの「SL人吉」号として復活する蒸気機関車の走行試験が6日、北九州市のJR九州小倉工場であった。約400メートルの線路を3往復し、力強い汽笛とともに蒸気と煙を巻き上げた。4月25日から熊本―人吉間を走る予定。

 1922(大正11)年製造の「8620型」。熊本・阿蘇地方を走る観光列車「あそBOY」などで活躍し05年8月に引退した。再復活を求めるファンの声は強く、2年がかりで大規模な解体修理を受けていた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 中国特集へ
ここから特集記事

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します