現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

ブルトレ、ラストラン 大分・熊本でも「ありがとう」

2009年3月13日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真寝台特急「はやぶさ」の最後の出発を見ようと、多くの鉄道ファンが駆けつけた=13日午後3時30分、JR熊本駅、岩崎央撮影写真ブルートレイン「富士」のラストランにはたくさんのファンが集まり、別れをおしんだ=13日午後4時38分、JR大分駅、溝越賢撮影

 JRのダイヤ改定で廃止される寝台特急「富士」(大分―東京)、「はやぶさ」(熊本―東京)の上り最終列車が13日、大分、熊本両駅を出発した。両駅には多くの鉄道ファンらが詰めかけ、姿を消すブルートレインを見送った。

 大分駅のホームには、「思い出をありがとう」と書かれたプラカードを持った人など約1200人が集まった。大分を走る「富士」をモチーフに作られたという「なごり雪」のメロディーが流れるホームを滑り出した列車に、集まった人たちが「さよなら」「ありがとう」と大きく手を振った。

 熊本駅でも多くのファンが見納めに訪れた。最終列車を見送った熊本市の男性(44)は「はやぶさは夢と希望を与えてくれた。最後の姿をしっかりと目に焼き付けました」と名残惜しそうだった。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

ここからおすすめ旅行

ここまでおすすめ旅行

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します