現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

夜空に浮かぶアーチ橋、駆け抜ける列車 JR日田彦山線

2009年12月13日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ライトアップされた宝珠山橋梁=12日夜、福岡県東峰村、金子淳撮影写真ライトアップされた第2大行司橋梁=12日夜、福岡県東峰村、金子淳撮影写真ライトアップされた栗木野橋梁=12日夜、福岡県東峰村、金子淳撮影

 大分との県境にある福岡県東峰村の山あいを縫って走るJR日田彦山線で12日、三つの眼鏡橋のライトアップが始まった。夜空に浮かび上がるアーチ橋を列車が通る様子は「銀河鉄道のよう」と評判だ。

 大行司―筑前岩屋間(4.2キロ)に架かる栗木野(長さ71.2メートル)、宝珠山(同79.2メートル)、第2大行司(同54.9メートル)の各橋。いずれも無筋コンクリート製で、1938(昭和13)年に完成した。点灯時間は午後5時半〜10時。この間に上下6本の列車が通る。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します