現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

「500系のぞみ」バウムクーヘン、引退で人気加速

2010年3月2日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真増産中の「500系のぞみバウムクーヘン」=福岡市東区馬出6丁目の二鶴堂

 2月28日に「のぞみ」を引退し、山陽新幹線の「こだま」のみで運転される500系車両を模したバウムクーヘンが人気だ。のぞみが停車する駅売店で発売中。

 福岡市内の菓子メーカーがJR西日本の依頼で作った。500系にちなみ、1本が長さ500ミリで価格は500円。太さは3センチで、実物の列車のように細長い。

 3月末までの限定で、既に予定の4倍超の4万4千本を出荷した。メーカーの社長は「売れ行きは加速するばかり。ファンに長く愛される列車ですね」としみじみ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します