現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

「阪急」の文字、新博多駅ビルに 開業前にごあいさつ

2010年6月10日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 来春の開業に向けて工事が進む新博多駅ビル「JR博多シティ」の外壁に9日、「阪」「急」の2文字がとりつけられた。百貨店・博多阪急が入るビル南側の7階部分。天神地区などとの競争を控え、まずは3.5メートル四方ずつの看板での顔見せだ。

 ビルは地上10階、地下3階で延べ床面積20万平方メートル。阪急は南側の地下1階から地上8階に入る核テナントで、今後は内装工事が本格化する。

 また、大手書店の丸善(東京)は9日、店舗面積2700平方メートルの丸善博多店を新ビル8階に出すと発表。天神の福岡ビル店は19日に閉める。

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…