現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

青色照明で自殺を防げ JR九州、別府の13踏切に設置

2010年6月30日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 踏切での鉄道自殺や事故防止のため、JR九州大分支社は「人の気持ちを落ち着かせる」とされる青色の照明を、別府市内の日豊線・亀川―別府駅間の13カ所の踏切付近に3月末から設置している。同支社は「効果の科学的な実証は難しいとされるが、自殺や事故そのものと、それに伴う列車の遅れを少しでも防ぎたい」と話している。

 踏切そばの既存の柱に青い光を出す蛍光灯を新たに設置した。各踏切1、2灯ずつの青い光が、日没から夜明けまで付近を照らす。3年間の試験的な設置で、点灯は3月26日に開始。今年度中に別府―東別府駅間など2カ所の踏切にも設置する予定という。

 今回の設置区間は、事故や自殺の多発地点。1999〜2009年度の11年間に同支社管内で起きた鉄道自殺59件のうち2割超の13件が亀川―東別府駅間で発生。同時期の踏切などでの事故も、管内全体の49件のうち7件がこの区間で起きたという。

 青色照明は06年12月にJR西日本が導入し、JR東日本も山手線の全駅に取り付け、全国で設置が広がっている。九州では他に、福岡県内のJR鹿児島線・九産大前―箱崎駅間の7カ所の踏切に設置されている。

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…