現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

三陸鉄道に「南部さけ コンドロイチン 釜石駅」誕生

2009年8月30日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真除幕式で披露した「南部さけ コンドロイチン 釜石駅」の駅名看板=釜石市鈴子町

 三陸鉄道(山口和彦社長)南リアス線の釜石駅(岩手県釜石市)の駅名看板が27日、「南部さけ コンドロイチン 釜石駅」となった。この日は看板の除幕式があり、広告主の釜石市の水産加工会社「丸辰(まるたつ)カマスイ」の田代勝男会長らが新看板を披露した。

 同社では三陸でとれる南部サケから軟骨成分の「コンドロイチン」を抽出して錠剤を作り、健康補助食品として11月に商品化する予定。

 三陸鉄道の駅名看板の命名権売却は宮古、久慈駅についで3番目で、南リアス線では初めて。命名権の期間は1年間で、命名権料は24万円。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します