現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

不正取水、JR東が「おわび」十日町市に30億円拠出

2009年11月25日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 JR東日本が信濃川発電所(水力、新潟県十日町市・小千谷市)で信濃川から大量の不正取水をしていた問題で、同社の清野智社長は25日、地元の十日町市を訪れて市民らに謝罪。「河川環境に対する取り組みが不十分だったことへの反省」として、市に信濃川の河川環境の維持・改善に活用する基金を新たに設置してもらい、そこに30億円を拠出する方針を明らかにした。

 JR東は取水量データの改ざんによって少なくとも02〜08年の7年間で計3億1千万トンを不正に取水したとして今年3月、国土交通省から水利権を取り消された。JR東は今回の謝罪を機に、水利権の再申請に向けた地元との交渉に入る。

 清野社長は基金への拠出を「過去に対するおわび」と説明。同市の関口芳史市長も「慰謝の姿勢として評価したい」とし、「これは『過去の清算』であり、(水利権再申請に向けた)先々の条件闘争には影響しない」と強調した。(伊木緑)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します