現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

寝台特急「北陸」急行「能登」3月廃止 JRダイヤ改正

2009年12月18日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真来春のダイヤ改定で運転を中止する寝台特急「北陸」(右)と急行「能登」=JR西日本提供写真運転中止する寝台特急「北陸」=JR東日本提供写真運転中止する急行「能登」=JR西日本提供写真来年3月から東海道・山陽直通のすべてを担うN700系新幹線=名古屋駅、伊藤恵里奈撮影写真来年2月で東海道区間から引退する500系新幹線=大阪市の新大阪駅、南部泰博撮影

 JR各社は18日、来年3月13日に行うダイヤ改定を発表した。上野―金沢間を結んできた寝台特急「北陸」と急行「能登」は廃止される。

 北陸は1950年、金沢経由の大阪行き急行として誕生。75年に寝台特急になった。能登は59年に米原(滋賀県)経由で誕生した。

 利用者が87年の会社発足時より3割程度に落ち込んでいるため廃止が決まった。今後は週末や連休に臨時の夜間急行を走らせるが、名称は未定という。

 また、3月のダイヤ改定では、東京発の「のぞみ」計167本のうち、博多や広島など山陽新幹線まで乗り入れる101本のすべてが最新型の「N700系」になる。新大阪止まりなども含めた全体では、約7割の120本がN700系になる。一方、国内初の時速300キロ運転を始めた「500系」は2月28日に東海道区間から引退する。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します