現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

埼京線で防犯カメラの撮影開始 痴漢「抑止力」を期待

2009年12月29日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真痴漢などの犯罪防止のためJR埼京線の車内に設置された防犯カメラ=28日午後、埼玉県川越市、越田省吾撮影

 JR東日本は28日、東京都と埼玉県を結ぶ埼京線で、防犯カメラによる撮影を始めた。痴漢対策の一環で、埼京線は首都圏で最も痴漢被害が多い路線とされ、JR東や警察は「抑止力」を期待する。

 JR東によると、防犯カメラは縦12センチ、横15センチ、奥行き20センチで、1号車(大宮方面)に設置。一定期間を過ぎた画像データは上書きする形で消去する。28日から2台設置した1編成で撮影を始め、1月下旬には4台設置の1編成を追加投入する。

 埼京線では痴漢被害が後を絶たず、2001年にJR東では初めて女性専用車両が導入された。最近はネットで仲間を募るなど痴漢の悪質化が目立ち、警察当局の強い意向を受けてカメラを導入した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します