現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

500系新幹線、東海道区間を引退 JR春の列車2%減

2010年1月23日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真東京駅で出発を待つ新幹線500系

 JR旅客6社は22日、春季(3月1日〜6月30日)の列車運行計画を発表した。不況の影響で乗客数を対前年比1%減の約4990万人と見込み、運転本数は同2%減の約29万8千本。1997年にデビューした500系新幹線が2月28日に東海道区間から引退する。

 500系はJR西日本が開発。山陽区間で国内初となる営業最高時速300キロを達成した。だが、N700系の相次ぐ投入で、東海道区間では現在、「のぞみ」1往復しか走っていない。今後は8両編成の「こだま」として山陽区間だけで運行を続ける。

 青森、秋田両県を結ぶ五能線で人気の「リゾートしらかみ」の車両が、3月6、7の両日に中央線の甲府―小淵沢間で「リゾート八ケ岳」として初めて走るなど、期間中は特別列車が多数運行される。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します