現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

とっさに女性を仰向け 高円寺駅、奇跡の救命に感謝状

2010年2月17日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図拡大  

 東京都杉並区のJR高円寺駅で15日夜、線路に過って転落した女性(20)の命を救ったのは、ホームから飛び降りた都内在住の社会福祉法人職員、佐藤弘樹さん(24)のとっさの判断だった。佐藤さんは16日、同駅でJR東日本から感謝状を贈られ、「その時」を語った。

 杉並署によると、事故は15日午後9時15分ごろ起きた。中央線下り電車の先頭車両から降りた女性が、そのままホーム反対側の上りホームから線路に転落した。

 佐藤さんは同じ下り電車の先頭車両から女性が転落したのを目撃。「気づいたら体が勝手に動いていた」。ホームにいた男性に駅員への連絡を頼むと、線路に飛び降りた。

 女性はレールの間(約1メートル)に横向きに倒れていたが、大学時代にラグビーをしていた経験から、頭を打った時は動かしてはいけないと思い、女性の手を握り、「すぐ助けが来るから」と呼びかけた。しかし、全く反応がなかったという。

 背後で上り電車の警笛が鳴った。JR東日本によると、同16分、乗客がホームの非常停止ボタンを押した。だが、電車は女性が倒れていた場所まで約100メートルに迫り、運転手は手動で急ブレーキをかけた。佐藤さんはとっさに女性を仰向けにすると、間一髪でホーム下の避難スペース(高さ約1メートル、奥行き約60センチ)に逃れた。車両が起こした風を背中に感じた。4両目が女性の上を通過して停止。女性は車体と枕木のすき間(約30センチ)にいて助かった。車輪の間から「ここはどこですか」との女性の声が聞こえた。女性は自力ではい出し、「死んじゃいそうだったの?」と尋ねた。「そうだよ」と答えると「ありがとうございました」と言われた。

 佐藤さんは「その時は必死で恐怖を感じなかったが、眠る前に思い出し、怖くなった」と話した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します