現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

成田空港へ、スカイアクセスVSエクスプレス 競争激化

2010年2月20日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 成田空港にアクセスする鉄道各社の競争が激化する。京成電鉄は19日、東京都心と同空港を結ぶ新路線「成田スカイアクセス」(京成高砂―成田空港、51.4キロ)を7月17日に開業すると発表した。

 京成電鉄によると、スカイアクセスには在来線特急で国内最速となる時速160キロの新型スカイライナー車両を投入。日暮里―空港第2ビル間が、現在の京成本線経由より15分短い36分で結ばれる。朝のラッシュ時間帯には、1時間当たり、新型車両3本を含む特急列車6本を運転する計画だ。

 新型車両の場合、日暮里―空港第2ビル間は運賃と特急料金あわせて2400円。

 一方、ライバルのJR東日本も19日、東京―成田空港間が現在、特急料金を含めて2940円の「成田エクスプレス(NEX)」の指定券の割引を3月13日から始めると発表した。

 JR東によると、同社のインターネットサービス「えきねっと」会員が対象。携帯電話を通じてチケットレス購入した人は、普通車、グリーン車ともにNEXの指定券が紙の指定券より1席200円安くなる。また5月31日申し込み分までは「特別割引」として400円安くなる。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します