現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

初代山形新幹線「400系」4月に引退 車内設備老朽化

2010年2月26日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真4月に引退する山形新幹線「400系」=JR東日本提供

 JR東日本は25日、山形新幹線の「400系」を4月18日に引退させることを決めた。新幹線と在来線を初めて直通運転したミニ新幹線で、「初代つばさ」として人気が高いが、車内施設の老朽化が進み、新型車両の「E3系」に置き換えが進んでいた。

 400系は1992年7月の山形新幹線開業と同時にデビュー。最盛期の96年度には年間約328万人が利用した。現在は一部を除き、東北新幹線内(東京―福島間)は「Maxやまびこ」と連結走行し、福島―新庄(山形県新庄市)間を単独走行している。

 4月18日の新庄発東京行き「つばさ18号」が営業運転の最終列車。全車指定席とし、「記念乗車証明書」を配る。

 この400系は当面廃車にせず、定期検査や故障で車両の手配ができなかった場合に、例外的に走る可能性はあるという。(小林誠一)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

アサヒ・コム プレミアム

プレミアム

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します