現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

初代「つばさ」保存決定 18日引退の山形新幹線車両

2010年4月17日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真18日で引退する山形新幹線「400系」=山形県内、JR東日本提供写真18日で引退する山形新幹線「400系」。名残を惜しんでカメラに収めるファンが目立つ=16日、東京駅

 新幹線と在来線を直通運転する国内初のミニ新幹線「400系」が18日、山形新幹線から姿を消す。同新幹線の「初代つばさ」として1992年にデビューし、沿線住民らから愛された車両で、JR東日本は「鉄道遺産」としての保存を決めた。

 400系は92年7月の山形新幹線開業と同時に登場。在来線の線路の幅を広げ、乗り入れを可能にしたミニ新幹線だ。最盛期の96年度には年間約328万人が利用したが、老朽化で最新型への置き換えが進み、昨年9月から1編成(7両)だけに。引退が決まると山形県など沿線の住民や自治体、鉄道ファンからは「初のミニ新幹線。重要な車両なので残して欲しい」との要望が寄せられていた。

 JR東日本と400系を保有する第三セクター「山形ジェイアール直行特急保有」によると、保存するのは最も東京寄りのグリーン車1両。当面は福島市内のディーゼル機関車用倉庫で保管。将来的には一般公開を行うため、鉄道博物館(さいたま市)などが展示場所の候補に挙がっているという。

 ラストランは乗車券が発売直後に完売。18日朝に新庄、山形両駅で記念式典が開かれ、東京駅に午後0時48分に到着すると、18年間の歴史に幕を下ろす。(八鍬耕造、小林誠一)

検索フォーム

おすすめリンク

こだわりぬいた素材で世界文化遺産の白鷺城をこの手でつくる!

諏訪の御柱祭、熊野の火祭り、岩手の蘇民祭、浅草三社祭など、全国100以上の祭りから、隠された古代を発掘する

日本一の頂上は、どちらなのか。かつては静岡県だったというがいまは…。

全国を駆け抜けるSLの雄姿を全編ハイビジョン撮影で収録した人気シリーズ

運転室から見る風景や新大坂―博多間までの走行シーンなどを収録した魅力満載のDVD

誰でも一度は聞いたことがある大手鉄道会社から、存在すら知らなかったローカル鉄道会社まで、日本全国の鉄道会社の信じられないようなオモシロ話が満載!


朝日新聞購読のご案内

Astand

Astand

思ひ出鉄道館

「思ひ出鉄道館」

全国各地を走る個性豊かな列車たちの写真を紹介します