現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

東北新幹線、12月4日新青森開業 名前は「はやぶさ」

2010年5月11日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真JR東日本のE5系写真東北新幹線「はやぶさ」のシンボルマーク=JR東日本提供写真「はやぶさ」のシンボルマークの入った東北新幹線「E5系」のイメージ図=JR東日本提供写真「グランクラス」のイメージ=JR東日本提供地図拡大  

 JR東日本は11日、東北新幹線の八戸―新青森間を12月4日に開業し、来年3月に投入する新型車両「E5系」による最速列車の愛称を「はやぶさ」に決めたと発表した。

 同社によると、東京―新青森間は開業当初、現在の「E2系はやて」で運行。「E5系はやぶさ」も来春のデビュー時は最高時速300キロで運転し、2013年3月から国内最速の最高時速320キロになる。東京都内から青森市内は現在より約55分短い3時間5分程度で結ばれる。

 新しい愛称は一般公募した。応募総数約15万件のうち、首位は東北初の特急で02年に廃止された「はつかり」。「はやぶさ」は7番目だった。東京―熊本間を結び昨年3月に引退した寝台特急と同じ愛称だが、同社は「スピード感があり、親しみやすい」と命名の理由を説明した。

 E5系はやぶさ(10両編成)の10号車(18席)には、現行のグリーン車より高級な「グランクラス」を1両導入する。本革を使った3列の広いシートで、専任乗務員が接客し、沿線の食材を使った弁当なども用意する。グリーン車も1両ある。同社は「グランクラスの料金は今後決めるが、国内新幹線初のファーストクラスと位置づけ、最高級のサービスを提供する」としている。

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…