現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

北陸新幹線「上越駅」のデザイン、市が4案提示

2010年6月16日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 上越市の村山秀幸市長はこのほど、「上越市新幹線駅周辺地区まちなみ検討会議」(座長・水野一郎金沢工業大学教授)がまとめた北陸新幹線「上越駅」(仮称)の四つのデザイン案を、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構に示し、駅舎デザインに反映するよう要望した。

 4案は、(1)屋根を半円形のガラスにし自然光を取り入れる(2)高い柱で屋根をつり内部の柱を減らして広々とした空間にする(3)外壁をガラス張りにし桜の絵や文字を焼き付ける(4)3案の特徴を組みあわせる――というもの。屋根に格子状のすき間をつけ、雪を早く溶かす構造も提案している。水野座長は「いずれもほかに例がなく、上越らしさが出るようにした」と話す。

 市によると、同機構はこれを参考に夏以降に3案を示し、市が年内をめどに決める。(遠藤雄二)

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…