現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 鉄道
  5. ニュース
  6. 記事

「はやぶさ」鼻高々、新青森駅に初乗り入れ 東北新幹線

2010年6月17日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真JR新青森駅で東北新幹線の新型車両E5系を迎える鉄道ファン=17日午前10時28分、青森市、小宮路勝撮影

 12月4日の東北新幹線の全線開業を前に、「はやぶさ」の愛称がついた新型車両のE5系が試験走行の一環として17日午前10時17分、終着駅となる新青森駅(青森市)に初めて乗り入れた。地元住民や全国の鉄道ファンら約500人が出迎えた。緑、ピンク、白が基調の色鮮やかな車両がホームに滑り込むと、長さ約15メートルある「鼻」に向けてカメラのフラッシュがシャワーのように注がれた。

 同新幹線は現在、八戸駅(青森県八戸市)が終点で、新たに新青森駅と七戸十和田駅(同県七戸町)ができる。17日は停車位置などを確認するため、E5系が初めて八戸以北を走った。新型車両のE5系は来年3月、「はやぶさ」として営業運転を始め、その2年後には国内最速の時速320キロ運転に移行。東京―新青森間を最短3時間5分程度で結ぶ。

 騒音を抑えるため、鼻が長くなった新型車両への関心は高い。青森市が、初乗り入れに合わせて同駅で開く見学会の参加者を募ったところ、500人の定員に1266人分の申し込みがあった。(大西史晃)

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…