現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. 東北新幹線全線開業記念特集
  5. コラム
  6. 記事

AKB48柏木由紀さん、ふるさと鹿児島を語る

2011年3月8日12時20分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 15歳で東京に出てくるまで鹿児島市内で育ちました。鹿児島中央駅から車で数十分の住宅地です。

 東京に来てから、鹿児島の自然の多さに気づきました。空気がきれい。どこにいても、山が見えたり、海が見えたり。

 通学途中の歩道橋から桜島が見えて、噴火していると上に黒い雲ができる。桜島がきれいに見える日は、一日の始まりがすがすがしくて、うれしかった。

 遊びに行くのは天文館のアーケード街。洋服や雑貨屋、映画館……。若者向けの店があるかと思えば、神社が出てくる。バラエティーに富んでいて、お気に入りの店を見つける楽しさがあります。

 天文館の近くには西郷隆盛さんの銅像が立つ通りがあって、黎明(れいめい)館という歴史資料館や博物館、美術館が集まっている。鹿児島の歴史を感じるにはぴったりの場所です。

 観光地では、砂丘で有名な吹上(ふきあげ)浜に家族で毎年遊びに行きました。大きな公園があって、サイクリングロードに大きなプール。子どもが楽しめるので、ぜひ行ってみてほしい場所です。

 温泉で有名な指宿(いぶすき)にもよく行きました。正月は枚聞(ひらきき)神社にお参り。夏は唐船峡(とうせんきょう)でそうめん流しが楽しい。テーブルの上でそうめんがぐるぐる回ってるんですよ。

 霧島にも遠足で行ったことがあります。新燃岳(しんもえだけ)の噴火では、宮崎の方がひどくて雨が降るたびに避難されている。TBS系の情報番組「ひるおび!」で受け持つお天気コーナーで、九州の天気を伝えながら心配しています。

 昨年、4年ぶりに鹿児島に帰りました。AKBのメンバーへのおみやげは、郷土のお菓子でカスタードが入った蒸し菓子「かすたどん」。自分用には「ザボン漬け」を買いました。おばあちゃんの家にいつもあって昔は飽きるほど食べたけど、久しぶりに食べたらすごくおいしかった。(聞き手・井上恵一朗)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…