ソウル、扶余、全州(韓国・1)

»シルクロード観光案内 »バックナンバー

 韓国(大韓民国)は、朝鮮半島の北緯38度線(軍事境界線)以南を占め、日本海と黄海に臨む。首都ソウル(面積約605平方キロ、人口約1030万)は、京畿(キョンギ)湾に注ぐ漢江(ハンガン)下流の盆地にある。水運の要衝地で、4世紀頃に百済(くだら)の都城が築かれ、漢山(ハンサン)と呼ばれた。1394年、李朝初代王の李成桂(イ・ソンゲ)が首都と定める。1910年日韓併合で京城(けいじょう)と改称、45年日本敗戦で解放、46年にソウル特別市となる。東西に漢江が流れ、北側の旧市街に史跡が多く残る。

 扶余(プヨ)(人口約9万5000)は忠清南道(チュンチョンナムド)南部の郡で、錦江(クムガン)下流左岸が中心地だ。百済が538年に遷都、百済後期に仏教が隆盛。日本に僧や美術が舶載(はくさい)されたが、660年滅亡。扶蘇山(プソサン)、百済王陵などが残る。全州(人口約62万)は全羅北道(チョルラブクド)の道都。後百済(892〜936年)の首都だった。李成桂の祖先の出身地で、全州城の城門などの史跡が点在。

 【ソウル】朝鮮最後の王朝、李氏(りし)朝鮮の開祖、李成桂(太祖(たいそ)、在位1392〜98年)が漢城を都としてから約600年。大韓民国の首都ソウルは、人口約1000万を超える大都市に発展した。東西に流れる漢江を挟んで広がる市街は、李朝の文化財が点在し、古都の情趣もとどめる。

 【扶余(プヨ)】忠清南道扶余郡の中心の町。660年、新羅(しらぎ)と唐(とう)の連合軍によって滅ぼされた百済(くだら)の都、泗●(サビ)の遺跡が残る古都で、人口約9万5000。

 ※●はさんずいに比

 【全州(チョンジュ)】全羅北道(チョルラブクド)の道庁所在地で、人口約62万。韓国有数の穀倉地帯、湖南(ホナム)平野の中央に位置する。李成桂の祖先の生地として知られ、李氏ゆかりの史蹟も多い。

シルクロード観光案内

全州韓屋村(チョンジュハノクマウル)

写真

  市街南部に広がる丘陵、悟木台(オモクデ)の西部に残る伝統家屋保存地区。「韓屋(ハノク)」とは李朝時代の民家様式で、夏の通風を考慮して、広い板の間を設けるなど、四季に適応する暮らしの知恵が、随所に生かされている。

 なお、悟木台は、李成桂が倭寇との戦いに勝利し、宴を開いたとされる場所で、ここから眺める韓屋村は、整然と連なる甍(いらか)の波が美しい。

●見学自由。全州高速バスターミナルからバスで約30分。

旅のオアシス・立ち寄りたい地元のレストラン

[扶余]渡舟食堂(ナルトシクタン)

豪勢に1人1尾 ウナギ専門店

写真

 スタミナ食として、錦江でとれるウナギ(ジャンオ)は扶余名物。「渡舟食堂」は創業1968年で、町でいちばん古い専門店。関西風に腹から割いて白焼きにし、ブツ切りにして秘伝のコチュジャン(20種の薬味の入った唐辛子味噌)のたれにつけて、再び焼く。炭火は強すぎるため、ガスの弱火でゆっくりと仕上げる。食べる時は焼き肉の要領で、サンチュやエゴマの葉に、ご飯と一緒に巻く。一人前に一尾使う豪勢さだ。

 全州産の養殖ウナギを使っているが、予約をすれば天然ものを食べられる。

●住所:扶余郡扶余邑校里99

●電話:041−835−3155

●料金:1人前16000ウォン

2006年08月31日


購入のご案内

表紙写真:シルクロード紀行

ご購入はこちら

NO.47 ソウル、扶余、全州(韓国・1)

シルクロードへの誘い

東京からソウルへ パリからソウルへ/梁石日


シルクロードNOW

「鉄」と「水」のシルクロード そして人との出会い/川村二郎


家族の暮らし

玉氏一族をまとめるソウルの実業家/韓承奉


歴史をひもとく

百済の時代/李成市


CGで甦る建造物

シルクロード幻視行/定林寺


シルクロード人物伝

中大兄皇子/李成市


連載「帝国のシルクロード」

アショーカ王の征服と布教活動――仏教に根ざした世界秩序の構築/本村凌二


民族と宗教

シルクロードからの贈り物

Silk Road Special Research

シルクロード観光案内

シルクロードを鉄道でゆく

もっと知りたいSILKROAD

書籍紹介

シルクロード・トラベル情報

日本のシルクロード

※外務省では「海外安全ホームページ」で現地情報を出しています。

ここからツアー検索です

ツアー検索

情報提供元 BBI
ツアー検索終わり ここから広告です
広告終わり

特集記事

中国特集へ
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.