トップ 特集 テーマで行く旅 海外旅行 国内旅行 特選 海外出張

愛の旅人

「トロツキーとの七年間」
»〈ふたり〉へトロツキーとフリーダ・カーロ―メキシコ

 メキシコ市から南へ車で2時間半、山の中に赤い屋根と白い壁の町がこつぜんと現れる。銀山で栄えた町として名高いタスコだ。近世、メキシコ銀貨は世界で流通し、日本でも幕末、洋銀といわれて使われた。山の斜面にゆるやかに広がる街並みは、保養地として多くの人が訪れている。

写真

銀の採掘で栄えたタスコの街並みを、トロツキーが滞在したという家から望む

写真

トロツキーは暗殺された家の中庭に埋葬された=メキシコ市で

写真

住宅街にある「青い家」は現在「フリーダ・カーロ博物館」になっている。青い壁面が目を引く=メキシコ市・コヨアカンで

写真

トロツキー夫妻(両端)を歓迎するフリーダ・カーロら=1937年1月、メキシコで

 「おじいさんからトロツキーのブーツを見せてもらったことがある」。タスコの銀細工店主セルヒヨさんは、私がロシア革命の立役者レオン・トロツキーの足跡をたどっていると聞いて話し出した。靴職人の祖父は、タスコに来た本人から注文されたという。

 おじいさんによると、トロツキーは「話し好きな人だった。おばあさんが『メキシコ市は物騒だからここに住んだら』と言うと、『自分はいつか殺されるだろう』と答えた」という。茶色の革製のブーツは出来上がったものの、トロツキーはついに取りに来ることができなかった。

 トロツキーが妻ナターリャとメキシコのタンピコ港に上陸したのは1937年1月9日だった。スターリンとの権力闘争に敗れ、トルコ、フランス、ノルウェーと8年に及ぶ亡命生活の末、はるばる大西洋を渡ってきた。

 港には、国民的画家ディエゴ・リベラの妻フリーダ・カーロが迎えにきていた。リベラは大統領に働きかけてトロツキーの亡命を実現させ、フリーダは夫の名代として出迎えたのだった。

 トロツキー夫妻はメキシコ市郊外のコヨアカン地区にあるリベラとフリーダの家、通称「青い家」に落ち着く。リベラ夫妻は当時、数キロ離れた「アトリエ」に住んでいた。トロツキーは、この青い家からスターリンを弾劾する声明を次々と世界に発する。そうした活動の合間に、しばしばタスコなど田舎に遠足に出かけた。

 遠足には警護役も兼ねる秘書たちやリベラ、フリーダらが一緒だったが、次第にフリーダと親しくなる。

 フリーダは当時29歳、インディオの血をひく妖艶(ようえん)な美しさと情熱的な気性で人目を引く女性だった。画家としても注目されていた。一方、57歳のトロツキーは、革命家としての輝かしい経歴、深い知識、落ち着いた物腰で、成熟した男の魅力にあふれていた。

 トロツキーとフリーダはしばしば英語で話し、英語を知らない妻ナターリャは会話から取り残された。トロツキーはフリーダあての手紙を本に挟み、ナターリャやリベラの目の前でその本をフリーダに渡し、「面白い本だから読んでごらん」などと言う。ふたりはフリーダの妹の家で密会するようになる。革命家と炎の画家の危うい恋。

 ナターリャは感づき、悲しんだ。執念深いリベラが知ったら、修羅場が演じられるだろう。秘書たちは、このスキャンダルが公になったら政治的敵対者の思うつぼになる、と憂慮した。

 青い家は重苦しい空気に包まれる。

孫が目撃した暗殺の現場

 林のあちこちに散在するロッジ。強烈な日差しが、建物の周りにくっきりと影をつくる。原色の鳥の鋭い声が、頭上を行き来する。暑い。

 サボテンが沿道に並ぶ高速道路をメキシコ市から北東へ3時間走ると、サンミゲルレグラという村に着く。ここに大地主の屋敷だった豪壮な荘園(アシェンダ)があり、現在はホテルになっている。

 「これがリベラがよく利用したロッジです。フリーダも滞在しました。トロツキーも来ています」。ホテルの支配人は林間の2階建ての大きなロッジを指さして言った。

♪  ♪  ♪

 メキシコに来て半年後の1937年7月、トロツキーはコヨアカンの青い家を離れ、運転手と護衛の警察官だけを連れてこの地に3週間滞在する。冷却期間をおくためだ。その間、フリーダも荘園を訪れているが、1人ではなかった。ここでふたりは関係の清算を決めたようだ。トロツキーは妻ナターリャと何通もの手紙を交換する。

 フリーダの訪問を知ったナターリャから説明を求める手紙が届く。その返事で「そんな疑問は愚かしく、嘆かわしく、利己的なものだ」と書く一方、ナターリャを「私の犠牲者」と呼び、自分は今「あわれみと後悔と苦悩の」涙を流していると、妻への愛着を書きつづっている。

 ただ、過去のナターリャの恋愛話を持ち出したりして、気持ちの乱れも見られる。ここでのトロツキーの姿は、峻烈(しゅんれつ)な革命家、追放された予言者の肖像とは違う、きわめて人間的な側面がうかがえる。

 7月末、コヨアカンに帰り、生活は元に戻った。トロツキーとフリーダは何事もなかったように、会えば丁重にあいさつをかわした。フリーダはあでやかな衣装をまとった自画像をトロツキーに贈った。

 「フリーダはインテリ好きでしたからね」。青い家を模様替えした「フリーダ・カーロ博物館」のトルヒーヨ・ソート館長は言う。フリーダは生涯に多くの恋愛をしたが、リベラや若き彫刻家イサム・ノグチら文化人が多い。妹とも関係を持った夫リベラへの意趣返し、という説もある。

 やがてリベラとトロツキーが不和になった。政治上の対立が定説だが、リベラがふたりの関係を知ったから、という人もいる。トロツキーはリベラが唯一嫉妬(しっと)した男ともいわれる。

 リベラと対立して青い家を出たトロツキーは、近所の屋敷に引っ越す。敵対者の襲撃に備え、窓をふさぎ、家の四隅に見張り塔をたてた要塞(ようさい)のような家だ。ここで妻、孫のセーバ、秘書たちと最後の1年余りを過ごす。セーバは最初の妻との間にできた長女の息子で当時14歳。母が自殺し、フランスから連れられてきたばかりだった。

 この「要塞の家」で、ついに悲劇が起きた。

♪  ♪  ♪

 かつてのセーバ少年、化学技師ボルコフさん(80)が今も近所に住んでいる。長身できりっとした目は、偉大な祖父をほうふつとさせる風貌(ふうぼう)だ。ゆっくりと、遠い日の記憶をたどった。

 「学校から帰って家の近くまで来たら、家の周りに何人もの警官が動き回り、何か重大なことが起きたとすぐわかりました」。40年8月20日午後6時すぎのことだった。

 かつてトロツキーの秘書を務めた女性の姉に近づき、その恋人になりすました暗殺者は、数カ月前から家に出入りしていた。護衛らとも顔なじみになり、夫妻とも言葉を交わすようになる。その日、彼はトロツキーに自分の論文を見てほしい、と一緒に書斎に入った。トロツキーがうつむいて論文を読み始めると、コートに隠していたピッケルを背後から頭に撃ち下ろした。

 「家に入ると大騒ぎで、祖父は血だらけで食堂のそばの床に横たわっていました。まだ意識がしっかりして『子どもは近寄らせるな』と言い、私は離されました」

 ナターリャが手を握り、秘書たちが抱きかかえた。瀕死(ひんし)のトロツキーが秘書に「ナターリャを大事にしてやってくれ」と言うと、ナターリャは泣き出し、手に激しくキスをした。病院に運ばれたものの、翌日死去した。

♪  ♪  ♪

 フリーダはかかわりを疑われ、2日間警察に拘置された。当時米サンフランシスコにいたリベラは、その報を聞いてフリーダを呼び寄せた。この時期離婚していたふたりは、その年の12月、再び結婚した。

 ナターリャはその後も要塞の家に住み続けた。フリーダが暮らす青い家とはわずか6、7分の距離だが、会うことはなかった。62年、がんの治療に行ったフランスで死去。遺灰はメキシコに持ち帰られ、要塞の家の中庭に造られたトロツキーの墓に納められた。

文・牧村健一郎 写真・西田 裕樹

(08/05)
〈ふたり〉

 レオン・トロツキーは現在のウクライナ南部のユダヤ系自営農家に生まれ、若くして革命運動に参加。1917年の10月革命をレーニンとともに指導した。レーニン死後は一国社会主義を唱えたスターリンと対立し、29年トルコに亡命。永続革命を主唱し、ソ連型社会主義を批判する第4インターナショナルを創設した。

 フリーダ・カーロは18歳の時にバス事故で背骨や骨盤に重傷を負い、後遺症でコルセットをつけロングスカートを着用した。学生時代に大家だったディエゴ・リベラと出会い、結婚。「ちょっとした刺し傷」など生々しい自画像が多い。遺作となった「スイカ」に「ViVA LA ViDA」(生命万歳)と記した。ふたりの恋愛は、トロツキーの秘書だったエジュノール著「トロツキーとの七年間」(草思社)が正確だ。



ここからツアー検索です

ツアー検索

情報提供元 BBI
ツアー検索終わり ここから広告です
広告終わり

特集記事

中国特集へ
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.