現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. コラム
  5. 釣りざんまい魚ざんまい
  6. 記事
2012年6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

釣りざんまい魚ざんまい

剣崎沖の激ウマイサキが絶好調

文:小林裕之

写真:旬を迎えておいしいイサキ。剣崎沖も絶好調拡大旬を迎えておいしいイサキ。剣崎沖も絶好調

写真:剣崎沖のイサキはライトタックルで狙う船が多い。「瀬戸丸」もそのひとつ拡大剣崎沖のイサキはライトタックルで狙う船が多い。「瀬戸丸」もそのひとつ

写真:ライトタックルで大型を掛けると、引き味もバツグン拡大ライトタックルで大型を掛けると、引き味もバツグン

写真:でっぷり太った大型。脂が乗っている拡大でっぷり太った大型。脂が乗っている

写真:このぐらいの小型もおいしい拡大このぐらいの小型もおいしい

 毎年6月1日に東京湾口、剣崎沖のイサキ釣りが解禁する。イサキの旬はまさに今、梅雨時前後。その身にはたっぷり脂が乗り、卵、白子も入って、食味満点だ。

 特に剣崎沖で釣れる大型イサキは味がよいと、イサキファンの間でも人気が高い。体高があって頭が小さく、丸々太った独特の体型をしていて、脂の乗りがバツグンなのだ。

 湾口部独特の潮流のせいなのか、はたまた遊漁船の多いエリアゆえコマセをたっぷり食っているからなのか、その理由は定かではないものの、とにかく「激ウマ」なのは確かだ。

ビシ40号のライトタックルで狙う

 その激ウマイサキをライトタックル乗合で狙っているのが剣崎松輪港「瀬戸丸」。6月1日の解禁初日は中、小型主体で5〜23匹といまひとつだったが(例年、コマセの効いていない初日は不調に終わることも多い)、その後はトップ40匹、50匹、さらには70匹、80匹という爆釣の日もあるほどだ。

 型は大小まじり。16cmほどの小型も釣れるるものの、「これぞ剣崎サイズ」という体高があってでっぷり太った35cm級もポツポツ食ってくる。

 タックルは2m前後のLTロッドに小型両軸リール。ビシはライト用の40号(好みによってビシ60号のノーマルタックルで釣りたいひとは、それでもオーケーだ)。仕掛けは全長2〜3m前後のウイリー3〜4本バリ仕掛けが基本だ。

しっかりシャクってタナを探ろう

 今シーズンは開幕から絶好調だが、「ここのイサキ釣りは難しいよ」というのが、毎年剣崎沖に通う釣り人の多くが口にする「定説」だ。

 しっかりタナを探ってやらないと食わないし、シャクリの幅やスピード、ウイリーの色などでも食いがちがってくる。「だからこそおもしろい」と言うイサキファンが集まるポイントでもあるが、あまりよく考えず、適当に釣っていると貧果に終わることもある釣り場だ。

「18mから13m」指示ダナのアナウンスがあるので、その間をシャクリながら探ってやる。

「指示ダナの間をていねいに、しっかり探ってください。そうやって食いダナを見つけるのが大切です」。そう話すのは「瀬戸丸」鈴木昌士船長。

 イサキ釣りの場合、大型は上のタナにいるなどとよく言われるが、「そんなことが決まってたら、だれでも大型ばかり釣れちゃうよ」と船長。

 大型はもちろん、小型イサキも時間帯、海況によって浮いたり、沈んだりするし、浮いている魚が必ずしも口を使うとは限らない。まずはしっかりタナを探ってやると同時に、イサキの活性の高さを確認することが必要だ。

 そのためには、軽量で扱いやすいライトタックルの利点を生かして、アクティブに手返しよく探ってゆくことが大切だ。

タナ、シャクリ、仕掛け、いろろ試して

 シャクリの強さ、幅、スピードも、「これが正解」というものはない。その日その日で違うので、まずはいろいろなパターンを試してみよう。たくさん釣っている上手な常連さんなどのシャクリを真似(まね)してみるのが、まずは第一歩だ。

 周りのひとが食っているのに自分が食わない、というときは、「何メートルで食いました」と素直に聞いて、そのタナを重点的に攻めてみよう。それでも食わなければウイリーのカラーが問題かも。ウイリーは淡色系、濃色系などいろいろ持参して試してよう。

 タナ、シャクリ方、仕掛け、すべてがマッチすれば、大型まじりの入れ食いもある! 剣崎沖の大型イサキは、でっぷり太って重量感たっぷりで、引きもいい。無理をするとハリス切れもあるので慎重にやり取りし、大型はタモですくうようにしよう。

 ここの大型イサキはマジで旨い!

表紙画像

つり丸 2012年 7/1号 [雑誌]

出版社:マガジン・マガジン  価格:¥ 490

この商品を購入する以下は別ウインドウで開きますヘルプ

表紙画像

いぬいたかしの釣技大全―超実践的沖釣り完全図解

出版社:マガジン・マガジン  価格:¥1,040

この商品を購入する以下は別ウインドウで開きますヘルプ

プロフィール

小林裕之(こばやし・ひろゆき)

沖釣り専門誌 隔週刊「つり丸」編集長。1968年、神奈川県生まれ。

子供の頃の川の雑魚釣りから始まり、バス、トラウト、堤防釣りなどいろいろな釣りを細く長く楽しんでいるうちに、いつの間にか沖釣り雑誌の編集者に。釣った魚の料理を肴に酒(特にビール)を飲むのが最大のヨロコビ。

検索フォーム

おすすめリンク

夏に大活躍の「防水デジカメ」。購入するときにチェックするポイントは?

最高の装備で最高の獲物を狙おう!

腕時計型リストバンドに『EDY』を搭載!ランニングやペットのお散歩にぴったり。

脂がたっぷりのったおいしいトロ鯖をご家庭で

子どもから女性まではじめてでもうまくいく!道具の選び方〜釣った魚の料理法まで教えます

キーリングにも、コインホルダーにもなるフレッド(Fred)「HOOKED」


朝日新聞購読のご案内

鉄道コムおすすめ情報

国鉄型が続々引退、春の新ダイヤ

200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する…