現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. トラベル
  4. よくばり湯の旅
  5. 記事

落ち葉踏みしめ「目の湯」へ 貝掛温泉(新潟県)

2009年11月27日10時12分

写真:源泉で目を洗う=湯沢町源泉で目を洗う=湯沢町

写真:宿の玄関に天日干しされた魚沼産コシヒカ=湯沢町宿の玄関に天日干しされた魚沼産コシヒカ=湯沢町

地図:【所在地】 湯沢町三俣【交通】 越後湯沢駅からバスで約25分。関越道湯沢インターから約15分。【泉質】 塩化物泉【所在地】 湯沢町三俣【交通】 越後湯沢駅からバスで約25分。関越道湯沢インターから約15分。【泉質】 塩化物泉

 鮮やかな紅葉で色づいた山々がうっすら雪化粧をまとってゆく。標高700メートルの山間にある貝掛温泉を晩秋に訪ねた。江戸時代から眼病に効く「目の湯」として知られる宿は、狭いがけ道と一本橋の奥にある。落ち葉と雪でぬかるんだ道に何度も足をとられそうになった。古人もわずかな望みを託して不自由な目でこの山道を登ったのだろう。

 「目の湯治」は源泉が注がれる湯口で行う。先客の見よう見まねで、気泡が立つ湯に前かがみになって顔を埋めた。パチパチとまばたきを10回。しみない。ホウ酸や炭酸を豊富に含む湯は目薬を2倍に薄めたのと同じ成分だという。仰ぐと頭上に不動明王の石像。視界がぼやけて、一瞬にじんで見えた。

 巨大なポリタンク2個に湯を詰めていた山崎保さん(62)は千葉から夫婦で来た。「僕は1年前から眼底出血を患い、妻もドライアイ。これで20リットル、約2カ月分。毎日欠かさず洗うよ」

 築140年の木造家屋を改築した館内には古い柱や梁(はり)が残る。昔は至る所に鈴が結びつけられ、音を頼りに浴場に行けた。帳場の壁には、茶色く変色した「般若心経」の額が飾られている。「かつては浴場にあったもので、唱えながら入浴したのです」と大女将(おかみ)の長谷川史子さん(76)。回復を願う気持ちの強さに、心打たれる思いがした。

 帰りの橋で振り向くと、木々が日差しを浴びてキラキラ輝いていた。粉雪が静かに舞い落ちる光景が、心なしかくっきりと目に映った。

(文・中山理恵 撮影・真田弘宣)

    ◇

●貝掛温泉 上信越高原国立公園内にある、開湯700年という一軒宿。岩造りの露天ぶろは源泉掛け流しと加温の2種類。源泉は約37度。24時間入浴でき、温泉水の持ち帰りも可。1泊1万3800円から。日帰り入浴は[前]11時〜[後]3時(受付は2時まで)。1000円([土][日][祝]は1200円)。電話025・788・9911。

●外湯めぐり 「駒子の湯」「街道の湯」など町営浴場5カ所の外湯巡りができる共通券。1500円。電話湯沢町観光協会(025・785・5505)。

●苗場スキー場 貝掛温泉から車で約15分。12月5日[土]〜4月11日[日]([前]8時〜[後]9時、[土]は10時まで)

 ▼ドラゴンドラ かぐらスキー場までの約5.5キロを15分で結ぶ。天空から四季折々の景色が楽しめる。冬の営業は12月26日[土]〜4月4日[日]。往復1800円、小学生以下900円。電話苗場プリンスホテル(025・789・2211)。

    ◇

(2009年11月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内