現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 動画
  4. ニュース動画
  5. 記事

浅間山が噴火、噴煙2000m

2009年2月2日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

ニュース動画

動画投稿

 群馬県と長野県の境にある浅間山(2568メートル)が2日未明、噴火し、噴煙は2千メートルに達した。噴火は小規模で、08年8月の小規模噴火以来。正午現在、人的被害の情報はないが、気象庁は「今後、小規模から中規模な噴火が繰り返される可能性が高い」と注意を呼びかけている。

 気象庁によると、火口から南約8キロにある軽井沢測候所で午前1時51分、噴火に伴う空気振動が観測され、50センチほどの噴石が1キロほど離れた山の中腹まで飛ぶのも確認された。また火口から火柱が上がっているのが監視カメラで確認された。

 浅間山は今年1月に入って短周期の地震が多くなり、山体が盛り上がったことなどから、気象庁は2月1日午後1時、噴火警戒レベルを2から3に上げる火口周辺警報を出し、入山を規制していた。

 今回の噴火で噴出した火山灰は、群馬県の安中、富岡、藤岡の各市や長野県軽井沢町などの周辺自治体に降った。さらに北西の風に乗って、午前4時から午前6時にかけて100キロ以上離れた千葉県君津市、横浜市、川崎市、東京都千代田区でも降灰が観測されている。

 火口周辺4キロでは、雪を溶かして泥流が発生する可能性がある。このため、気象庁は2日午前、機動調査班2人を派遣。上空からはヘリコプターで火口内や周辺の噴出物、温度を観測している。

 正午現在、体に感じない周期の短い地震の回数は減少傾向にある。また白色の噴煙が100メートルほど上がっているが、水蒸気と火山ガスを含むもので、灰は混じっていないという。山体は依然、盛り上がりつつあるが、そのスピードは落ちているという。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内