現在位置:
  1. asahi.com
  2. 若田さん きぼう滞在記
  3. 関連ニュース
  4. 記事

野口さん「宇宙で手料理ふるまいたい」 古川さんと会見

2009年7月28日

写真宇宙長期滞在への抱負を語る野口聡一さん(左)と、バックアップクルーの古川聡さん=茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

 若田光一さん(45)に続いて今年12月から半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する野口聡一さん(44)と、地上で野口さんを支援する古川聡さん(45)が米国から一時帰国し、27日会見した。料理が自慢の野口さんは「あっと驚く宇宙食を用意したり、宇宙で料理をして、みんなに食べさせたい」などと抱負を語った。

 野口さんは若田さんの滞在をバックアップクルーとして地上から支えた。「訓練の成果を120%出し、すばらしい。電話でよく話すが、時間とともに話すテンポがゆっくりになり、長期滞在のリズムを感じた」と感想を述べた。

 自らの長期滞在については「若田さんはまじめ。次男坊の私としては少しやんちゃなところを見せたい。(宇宙での料理は)限られた条件でいかに食材を用意するか。私の全経験を注ぎ込みたい」。古川さんは「(野口さんの)料理の腕は、手順が確立されて船外活動のような手際の良さ」と、これにこたえた。

 野口さんはロシアの宇宙船ソユーズでISSに行き、日本の実験棟「きぼう」で科学実験をする。今後は8月にモスクワへたち、長期滞在に備える。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内