2006年03月18日10時04分のアサヒ・コム
	このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » WBC特集: 日本代表の活躍に期待

  

 » ベルばらKids: コミック、CDなどプレゼント

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > スポーツ > WBC

王監督「強い気持ちで戦う」 日韓、会見でライバル意識

2006年03月18日09時17分

写真

打撃練習の間も笑顔をみせる王監督=AP

 準決勝で対戦する日本と韓国は17日、米カリフォルニア州サンディエゴのペトコパークで練習を行い、記者会見で18日午後7時(日本時間19日正午)開始の決戦へ向けて抱負を語った。

 日本・王監督は「強豪米国に対してあれだけの戦いをしたメキシコに心から敬意を表したい」と前日の米国対メキシコ戦を振り返った。2連敗している韓国戦については「今度は日本が最高のパフォーマンスをみせて勝つという強い気持ちで戦う」と話した。

 韓国戦に先発が予定される上原(巨)は「注意するのは同じ巨人の李承●(●は「火」へんに「華」)。最少失点で勝ちたい」。韓国応援団については「確かにすごいが、甲子園の阪神の応援に比べれば、やりやすい」と余裕をみせた。

 一方、韓国の金寅植監督は「日本はほとんど望みのないところから、上がってきた。そのことで、見えない力やエネルギーを生み出しているかもしれない」と警戒心をみせた。

 日本戦の先発が予定されるドジャースの徐在応はライバル意識をあらわにしつつ、「どちらかが勝つのだが、日本も我々もベストをつくして、いい試合をしたという印象を残したい」と締めくくった。

 日本チームは打撃練習を中心に約1時間半の調整に汗を流した。


ここから広告です
広告終わり ここから広告です

PR情報

広告終わり

この記事の関連情報


WBC2006記事一覧

検索 使い方

キーワード入力
ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

スポーツ注目ニュース

スポーツ特集

スポーツコラム

競馬ウィークリー

日本産馬よ、目指せ欧州GI

素顔のプロたち 米国ゴルフツアー

大型「飛ばし屋」伸び盛り

ここからスポーツジャンルナビです

スポーツジャンル

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.