アサヒ・コム

このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > スポーツ > WBC > 石川保昌の目

日本が韓国に負けた理由 〜日本−韓国戦リポート

 1点を争う好ゲームとなった日本―韓国戦。

 両チームとも、いいピッチャーをつぎ込む投手戦になることは予想されていたとおり。日本の渡辺俊介、6回をわずか1安打、2四球のみの完璧なピッチング。

 韓国のメジャーリーガー・エース、パク・チャンホも、5回を散発4安打。どちらも責任を果たしました。

 勝たなければ、準決勝進出の夢を絶たれる日本としては、韓国が小刻みな投手リレーをしてくるまえに、先発の朴賛浩が投げている間に先取点をもぎ取りたい試合だった。しかし、朴のチェンジアップをとらえることができなかったというのが、試合後半まで主導権を握ることができなかった最大の原因でしょう。

 ゲームのターニング・ポイントは日本側に1回。韓国側に1回。

 2回、幸運な投手内野安打で、ノーアウトで出塁した岩村がセカンドに進み、打撃好調の8番里崎が放ったライト前ヒットで、岩村がホームベース直前でタッチアウトになったシーン。

 不運だったのは、岩村が三塁ベースを回ったところで、ベースを踏もうとしてステップを合わせたときに右足の太ももに痛みが出たらしく、走りきれなかったこと。ライトの本塁送球もよかったけれども、2アウトからの外野へのタイムリーヒットでしたから、岩村の足の故障がなければ、1点入っていたはず。あそこで朴を攻略できなかったのが痛かった。

 韓国のほうは、8回裏1アウトからの四球。簡単に打ち取りたかったはずのラストバッターに、1ストライクからボールを3つ続けて、結果的にフォアボールにしてしまった。

 緊迫した投手戦では、失投によるホームラン、エラー、四球が勝敗の分かれ目になる。あそこで記録にはならないが、3つ、守備の乱れが出た。

 まず、9番のキム・ミンジュを歩かせてしまったところで、バッテリーか内野のだれかが声をかけてタイムを取るべきだった。

 杉内、予定外の四球を出したことで投げ急いだように思う。韓国チーム、ほとんどの打者が、ストライク・ゾーンに入ってくるストレート系の球を早いカウントから打ってきていた。四球のあとの初球を狙われるのは日本でもよくあること。

 センター前に抜けて、どちらかといえば暴走気味に三塁に走った金敏宰をアウトにできなかった。記者席からはなぜ「セーフ」の判定になったのかはわからない。落球という判定だったのかな。

 それは仕方ない。しかし、審判に抗議しているうちに、バッターランナーまでセカンドにやってしまったのがもっと痛かった。1死一・三塁なら、ダブルプレーを狙って内野ゴロを打たせるという手もあるが、二・三塁ではだめになる。

 殊勲のタイムリー二塁打を放ったイ・ジョンボムは次のように話しています。

 「この大会の最後のチャンスだと思って、打席に入りました。ここで打てと、神様がぼくを試してくださったんだと思いました。藤川はいいピッチャーですか ら、打てるかどうか自信はなかったけど、2ボールになって、これはぼくが有利になった、狙い球を絞って打とうと思う余裕ができた」

 終盤8回の2失点。あまりにも重い。日本打線の左の好打者を考えれば、グ・デソンを当然、投入してくるはずで、9回裏の西岡のソロHRで1点差に追い上げたものの、届かなかったなあ。

 王監督の敗戦の弁

 「WBCを6試合戦って、やはり相手のいい投手が出てきたときには、なかなか打ちくずせないまま、得点することができず、僅差の試合にならざるをえなかっ た。われわれも今日のゲームのように1点を挙げようと執念を傾けて戦ったのだけど、相手の勝利への執念の方が上回っていた。韓国に2試合とも僅差で敗れた わけですが、韓国の野球のレベルはそのとおり、非常に高いと、それは予想もしていたし、また、実際、そのように強いチームでした」

 ――僅差であったとはいえ連敗した韓国に、次回の大会で勝つためには、具体的にはどうしないといけないのか? 韓国はメジャーリーガーをそろえてきたわけですが。日本がメンバー選考や戦略的に改善する点は?と、監督に聞いた。

 「今回の日本も出場できる状態の選手のなかでベストメンバーを選んで臨んだわけです。しかし、結果としては負けてしまった。韓国との2試合で、日本が取ったのが2点、韓国が5点。守備においても、打撃においても、及ばなかった理由がある。たとえば、打撃でいえば、日本は、クリーンアップがHRを打てなかった。日本の打線が破壊力を出せなかったのはなぜなのかということを、きっちり理由を考えて、改善しないといけないし。そうしていくことが全体のレベルの底上げにもつながるでしょう。将来的な課題は、むしろ、負けることによってはっきりしたと思います」

 韓国のキム・インシク監督とイ・ジョンボム選手にも聞いてみた。

 ――日本に連勝したということは、韓国のプロ野球のレベルが日本を上回ったということになるのでしょうか? また、勝つことができた理由は?

 「たしかに、今回は3試合ずつの短期決戦のトーナメント方式だったから、日本に勝つことができましたが、まだ韓国野球が日本を上回ったなどということはできません。日本は、今回のメンバーと同等のチームをたぶん3、4チーム作れるくらい、選手層が厚いでしょう。韓国ではあと1チーム作れるかどうか。まだまだ韓国の野球界は日本やアメリカから学ばなければならない。私は、若い選手たちに日本やメジャーリーグに行って向こうの野球を吸収してきなさい、それを韓国に持ち帰ってまた韓国の野球のレベルを上げてくれといつも言っています。そういう選手たちが増えてくれば、こういうトーナメント方式でなくても日本とも対等に戦える日がくるでしょう」

 監督の言葉にうなずきながら聞いていたイ・ジョンボム選手。

 「これまで日本のピッチャーの変化球主体の配球を打つことができなかったのが、この大会では、どんな配球をしてくるか、推測することができました。野球選手として夢だったアメリカでプレーすることができ、また、ベスト4に残ることもでき、チームメートとともに国の名誉のために勝つことができたことを誇りに思います」

 韓国勝利と同時に、韓国ベンチの監督に大統領から祝福の電話がかかってきたのだそうだ。

 4万人近くつめかけた観客のうち4分の3はロス在住の韓国系アメリカ人たち。サッカーのW杯のときと同じようにスタジアムを揺るがした「テーハミング(大韓民国)」の大合唱が、韓国の選手たちの気力を奮い立たせたのは事実だろう。

 アテネ五輪出場を逃して球団経営が成り立たなくなるまで人気が低迷してしまった韓国球界も、アジアラウンド、セカンドラウンド通じて負け無しの6連勝、アメリカに完勝、日本にも連勝という大躍進で、息を吹き返すことになるだろう。

 日本にはそれができなかった。8回まで「0―0」の緊迫した投手戦だったから、どちらに転ぶかわからないゲームだった。ゲームとしては素晴らしいゲームだった。

 しかし、日本が負けたことで涙も出なければ、ショックもない。

 日本プロ野球機構や選手会や球界関係者が、韓国チームのように、一枚岩となって「王ジャパン」を勝たせるために全力を尽くしたのかどうか。

 今回の韓国チームの団結力の強さを見ていると、WBCを人気復活の切り札にすることができなかった日本野球の一抹の寂しさを感じてしまうのだ。

 アナハイムより 石川保昌


プロフィールプロフィール

プロフィール

石川保昌(いしかわ・やすまさ)

筆者・石川保昌さんの顔写真

 asahi.comドイツ年特集「誘われてW杯」の連載でおなじみ。フリー・ジャーナリスト。1953年愛媛県生まれ。早大卒。ゼネコン駐在員として北アフリカに勤務後、フリーランスの編集ライター業に。専門は現代史とスポーツ。五輪、W杯、MLBなどの取材で培った独自のネットワークを駆使して、「スポーツと社会」をテーマに健筆をふるっている。編著書『W杯放浪−ボーダーレスフランス戦記』(白水社)『従軍カメラマンの戦争』(新潮社)『現代殺人事件史』(河出書房新社)など。

 サッカーW杯、メジャーリーグなど、ワールド・スポーツの取材現場から送る最新レポート 『TRAs Sports News』


検索 使い方

キーワード入力
ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

スポーツ注目ニュース

スポーツ特集

スポーツコラム

競馬ウィークリー

日本産馬よ、目指せ欧州GI

素顔のプロたち 米国ゴルフツアー

大型「飛ばし屋」伸び盛り

ここからスポーツジャンルナビです

スポーツジャンル

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.