アサヒ・コム
検索使い方
キーワード入力

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

嗚小小一碗茶

西太后から江沢民さん・上海閥まで

中国茶評論家・工藤佳治

――「龍井茶」は権力者ご用達


写真
杭州・西湖
写真
西太后18本茶木

 中国緑茶を代表するお茶「龍井茶」は、日本でも最近観光スポットとして知名度をあげてきた浙江省杭州で作られる。杭州は、古くからの名勝地。西湖を中心に、風光明媚で上海のお金持ちたちも別荘を持ち、週末は車を2時間飛ばしてこの地で過ごす。

南宋の都でありながら、城壁は作らない都で、昔左遷された官吏たち(白居易や蘇軾)に文人も多く、失意で左遷されながらもその美しさを愛し、立ち去りがたかったという。「東方見聞録」を著したマルコポーロも、嘱託としてこの地で数年を過ごした。

 お茶の歴史で見ると、このお茶は古い銘茶ではない。もっと古く、唐代に三大茶があり、蒙頂茶(四川省)、陽羨茶(江蘇省)そして紫笋茶(浙江省・中国で最初の献上茶)であった。この龍井茶が献上茶となったのは、清の康煕帝(1662〜1723年)或いは乾隆帝(1763〜1796年)の時代からであったという。

 龍井茶の魅力は、中国人がお茶の魅力の原点とする「香り」とキレの良さにあるように思う。後から甘さ(旨み)が残る。

 この龍井茶の中心になる畑はいくつかあるが、中でも「獅(子)峰」。清明節前摘まれるもの(明前)を最上とし、「獅峰明前龍井」として珍重されてきた。清の終わり、西太后はこの畑に専用の18本の茶木を持ち、毎春届けさせていた。現在もその茶木が残されている。

 最近では、江沢民さんを始めとする上海閥の人たちも龍井茶を好んで飲んだ(でいる)と聞く。上海では今も一般的に龍井茶が飲まれている。また、5年ほど前まで北京・人民大会堂(中国の国会議事堂にあたる)で使われていたお茶も龍井茶であった。が、まったく新顔のお茶「得雨活茶」(江西省景徳鎮産)がとって変わった。

 人気の畑も、「獅子峰」が観光地化して味が落ち、「梅家塢(ばいかう)」が今、全盛である。そしてこれから数年後は「翁家山」と予感する。

 このように、お茶は時代、時代を映しながら、変化している。

 次回は、世界で最高値がついたお茶のお話。

(02/15)



中国茶メモ

蒙頂茶(もうちょうちゃ) 四川省雅安

 » 楽天の商品ページへ

 現在は、緑茶では「蒙頂甘露」「蒙頂石花」「蒙頂毛峰」、黄茶では「蒙頂黄芽」などのお茶として作られている。
雅安は、日本にいるパンダの故郷であるが、古くお茶の歴史では、茶葉の交易の中心地でもあった。「茶馬古道」の中心にあり、ここから南へ、西へ、北へとお茶が運ばれていった。南の馬と茶をここで交換したことから、この名になっている。

紫笋茶(しじゅんちゃ)  浙江省長興

 » 楽天の商品ページへ

 現在は、「顧渚紫笋(こしょしじゅん)」として残るお茶。「顧渚山」で産することから、この名前に。
唐代、初めて皇帝専用の茶園がここに作られ、知事が責任者としてお茶づくりを行い、清明節までに、都・長安(今の西安)の皇帝までお茶を届けることが義務づけられた。届けられない場合は、左遷されたという。今でも、このお茶のパッケージに馬車の絵が描かれたりしているのは、このお茶を早馬で都まで運ぶことに由来している。
このお茶の名前は、芽が紫色がかって筍(たけのこ)の香りがした(芽が筍の形に似ていたという説もあり)ということからついた、といわれている。

西湖龍井茶(せいこ《さいこ》ロンジンちゃ) 浙江省杭州

 » 楽天の商品ページへ

 杭州にある西湖の西側の山を茶区とする。中国緑茶を代表するお茶。
 獅子峰(通常「獅峰〈しほう〉」と呼ぶ)、梅家塢(ばいかう)、虎(こ)ほう、雲栖(うんせい)、翁家山(おうかざん)などの茶区の総称。 「龍井」はもともと獅峰にある井戸の名。龍のようにトグロを巻きながら水が沸いていたところから、この名になったなど諸説がある。現在は、整備されてきれいになっている。
 獅峰を最上とし、代々の献上茶となっていたが、10年ほど前からお茶好きの間では、梅家塢のお茶がおいしいと評価されていた。最近日本からの直行便ができ、海外からの観光誘致にも力をいれてきて、テレビや雑誌に載る杭州の茶畑は、ほぼこの畑。中国茶葉研究所のこの地域にある。
 このお茶の良さは、香りとあとを追いかけてくる甘さにある。最初は、少し香ばしい感じもするのは、茶葉を熱い釜で押しつけるようにして扁平に仕上げるので。実際の香りは、中国人は「豆の香り」と表現する。この場合の豆は、「緑豆」(ハルサメの原料)を指している。
 通常、蓋碗やコップに茶葉を入れ、お湯を注いで、茶葉が少し沈むのを待って飲み始める。濃くなったらお湯を足す。

陽羨茶(ようせんちゃ)  江蘇省宜興

 陽羨は、中国の素焼きの焼き物の中心地・宜興の旧称。この一体は、今でもいくつもの緑茶の銘茶の産地である。
宜興は、工夫茶で使われる茶壺の故郷でもある。現代に「陽羨」の名前が付くお茶は、緑茶で「陽羨雪芽」が生産されているが、陽羨を少し広い地域と解釈すると、緑茶の銘茶が隙間なしに存在するほど、現在でも銘茶の一大産地である。



▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.