現在位置:
  1. asahi.com
  2. サッカーワールドカップ
  3. 日本代表
  4. コラム「The Road 2010年W杯南ア大会へ」
  5. 記事
コラム「The Road 2010年W杯南ア大会へ」

逆境バネ「静」の駒野

2010年6月12日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 鋭いクロスを本田(CSKAモスクワ)に通した。自らペナルティーエリア内に切れ込んだ。10日のジンバブエとの練習試合。精力的に攻めた駒野友一(28=磐田)はやはり、試合後の取材エリアで物静かだった。「体調は、いいですよ」

 何の因果か、右サイドバックの主力負傷によるW杯初戦先発という役回りが、2大会連続で巡りつつある。ドイツ大会は加地(ガ大阪)、今回は今野(FC東京)の代役。「彼らと同じプレーはできない。できることをやり通す」

 立場に関係なく自分の仕事を全うできる意志。「人としての強さ」。駒野の強さの源を尋ねると、周囲の人々はそう口をそろえる。

 和歌山県に生まれ、小学2年の時に地元チームに入団。田んぼの間をボールをけりながら登校した。すでに両足でけれた。どの位置もこなせると重宝され、中学の関西選抜チームでFWから左サイドバックへ。複数の私立高やクラブから誘いが相次いだ。

 進路選択に悩んだ秋、父親(当時44)が肝硬変で亡くなる。遠征費や道具代は家計の負担。一時はサッカーを続けること自体を悩んだ。それでも「早くプロになって家族に楽をさせたい」と決意し、寮費の一部免除を約束してくれた広島ユースへ進んだ。

 練習のない休日、ほとんどの寮生は広島市内へ遊びに繰り出す。駒野は誰もいない寮の食堂でトップチームの試合のビデオを見て過ごした。「3年間を通じ、無駄遣いは一切しなかった」。寮長の稲田稔さん(64)は振り返る。

 高校卒業の2000年にトップ昇格。少ない給料から、大学に進んだ弟の学費を振り込み、母に仕送りした。初めて受けた雑誌の取材で、目標をこう話した。「海の見えるレストランで母においしいものを食べさせたい」

 01年に広島で右サイドバックの定位置を獲得。03年の左ひざ靱帯(じんたい)損傷、04年アテネ五輪での鎖骨骨折、そして失明の恐れのある目の「ブドウ膜炎」。危機を乗り越え、06年W杯出場にこぎ着けた。オーストラリア戦では入場時から鳥肌が90分間消えなかった。緊張は解けぬまま。気づいたら試合は終わっていた。「何もできなかった」という思いだけが残った。

 その記憶が駒野を変えた。「ピッチでの闘志がすごくなった」と、08年に移籍した磐田の森下仁志コーチ(37)。淡々としていた駒野が、点を取られれば悔しがり、ボールを奪われれば必死に奪い返すようになった。「カメルーンは身体能力が高いけど、サイドの攻防で押し込んでいきたい」。口数は少なくても、14日の初戦に向けた話になると言葉に力がこもる。

 「もう4年前のような思いはしたくない」。南アフリカ大会の代表に決まった直後、記者会見で一切笑顔を見せなかった。「今持ってる力を信じて、全部出す」。その舞台は近づいている。(渡辺芳枝、中川文如)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

得点ランキング

  1. 1位 (総得点5)
    選手名
    フォルラン (ウルグアイ・31歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    スナイデル (オランダ・26歳 内訳:左足1、右足3、ヘディング1)
    ビリャ (スペイン・28歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    ミュラー (ドイツ・20歳 内訳:左足0、右足4、ヘディング1)
  2. 5位 (総得点4)
    選手名
    クローゼ (ドイツ・32歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)
    イグアイン (アルゼンチン・22歳 内訳:左足2、右足0、ヘディング2)
    ビテク (スロバキア・28歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)

7月11日現在

記事を見て、つぶやいて

朝日イベントプラス