現在位置:
  1. asahi.com
  2. サッカーワールドカップ
  3. 日本代表
  4. コラム「The Road」
  5. 記事
コラム「The Road」

内田篤人 「経験の差?それとも…」ドイツで探す

2010年7月6日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大ジョージのキャンプで練習する内田=西畑志朗撮影

 日本の不動の右サイドバックだった。しかし、W杯に向けて5月21日にチームが集合した後、内田篤人(22)=鹿島=に出番は巡ってこなかった。原因不明の吐き気、腰やひざの痛み。細身の体は過密日程に悲鳴を上げていた。「中心選手の不調が続いていた。どこかで踏ん切りをつけなければいけなかった」と岡田監督が明かしたのは1次リーグ突破後。中村俊と共に構想から外れていた。

 「けがで出遅れた。他の先輩の調子がよかった。その中で、自分の存在を揺るぎないものにする実力が足りなかった」。パラグアイ戦後。涙がにじんだ。一言ずつ、かみしめるように話した。

 静岡・清水東高時代から年代別日本代表に選ばれていた。J1鹿島で、新人だった2006年から定位置を獲得した。07年の20歳以下W杯、08年の北京五輪で主力を担った。順風満帆なサッカー人生。このW杯が、初めて経験する控え暮らしだった。「どうすればいいか、わからない」。心が折れかけていた時、携帯電話に1通の短いメールが届いた。チームが南アフリカ入りした6月6日。送り主は鹿島の8歳上の先輩、新井場。「理想のサイドバック」と慕う存在だった。

 「何してんねん」

 慌てて電話した。「先発落ちしました。蚊帳の外です」

 「腐っちゃ、あかん。最終的には、お前が試合に出なければチームは攻められないんだから」

 「いい先輩を持てて幸運だった」。吹っ切れた。紅白戦や練習試合で、切れ味の鋭い攻撃参加が戻った。「チームがうまく回っている時、DFを代えるのが難しいことはわかっている。僕にできるのは練習で力を出し尽くすこと」。本番でベンチから声をからした。「周りが今まで僕にそうしてくれていた。控えにも役割がある。当たり前のことに改めて気づいた」

 ピッチに立てないまま見届けたW杯。パラグアイ戦を終え、ある疑問が頭に浮かんだ。

 「日本には勢いがあったのに勝てなかった。経験の差? それとも……。なぜだろう」

 この夏、シャルケ(ドイツ)に移籍する。今月中旬の合宿から合流する予定だ。欧州チャンピオンズリーグに出場する強豪で自らを追い込む。「何年か後に『ドイツへ行ってよかった』と思えるか。このまま、ずるずると落ちていくか。すべては自分次第」

 南アフリカで見つからなかった答えを探す旅に出る。(中川文如)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

得点ランキング

  1. 1位 (総得点5)
    選手名
    フォルラン (ウルグアイ・31歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    スナイデル (オランダ・26歳 内訳:左足1、右足3、ヘディング1)
    ビリャ (スペイン・28歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    ミュラー (ドイツ・20歳 内訳:左足0、右足4、ヘディング1)
  2. 5位 (総得点4)
    選手名
    クローゼ (ドイツ・32歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)
    イグアイン (アルゼンチン・22歳 内訳:左足2、右足0、ヘディング2)
    ビテク (スロバキア・28歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)

7月11日現在

記事を見て、つぶやいて

朝日イベントプラス