現在位置:
  1. asahi.com
  2. サッカーワールドカップ
  3. 日本代表
  4. コラム「The Road」
  5. 記事
コラム「The Road」

酒井高徳、持ち味は修正力

2012年5月10日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 高い修正力。それが、サッカーのドイツ1部シュツットガルトDF酒井高徳(ごうとく、21)の強みだ。

 今季最終戦となった5日のウォルフスブルク戦のハーフタイム。チームは0―1とリードを許していた。右サイドバックの酒井は左サイドバックのボカに話しかけた。「攻め急がず左右から展開して、相手を揺さぶろう」。分析通り、酒井は右サイドからのクロスで、同点、決勝ゴールをアシスト。逆転勝ちにつなげた。

 新潟ユース出身。各年代で日本代表を経験し、2010年1月のアジアカップ予選イエメン戦で日本代表に初招集。ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会には、将来性を評価されて香川真司らとともに練習要員のサポートメンバーに選ばれ、チームと一緒に行動した。さらなる成長を求めて、今年1月に新潟から期限付き移籍した。

 日本人の父とドイツ人の母を持つ。短期間にチームに適応できたわけを「両方の血が生きている」と酒井自身は分析する。ダイナミックな攻め上がりやチームメートに物おじせずに意見を言えるのはドイツ人の良さで、試合中に冷静に状況判断できるのは日本人の良さだという。

 当初はドイツ特有の当たりの激しさに戸惑った。関係者によると、加入したばかりの合宿では本調子にほど遠く、「長い目で見て育てる選手」という評価だったという。ところが、左サイドバックの選手が3試合の出場停止になり、2月11日のヘルタ戦でデビュー。「不安はあったが(移籍期間は)1年半あるし、だめでも時間はある」と気持ちを楽にすると、攻撃の持ち味が出せた。「思ったよりやれるんだな」と自信を深めた。

 終盤戦に14試合連続で先発出場し、チームはその間9勝2敗3分けと絶好調。最終的には6位に入り、欧州リーグ予選の出場権をつかんだ。酒井は左右のサイドバックとして、攻撃にアクセントや厚みを加える存在だ。「キックは両足とも自信がある」と話し、利き足ではない左足のFKを任されることもある。

 ドイツ語の習熟も進み、チームメートの信頼をつかむ。4月7日のマインツ戦では1アシストの活躍で地元誌のベスト11に選出。続くアウクスブルク戦では相手のサイドハーフが最終ラインにまで戻り、酒井を警戒するほど、存在感は高まっている。

 活躍に目を留めた全国紙ウェルトは4月、記者のコラムで酒井をドイツ代表に推薦。DFラーム(バイエルン・ミュンヘン)を除けば、ドイツ代表にはサイドバックの人材が不足しているからだ。

 「評価してもらえるのはうれしいけど、実力不足はわかっているし、僕は日本代表で活躍したい」。5月下旬にはロンドン五輪に出場する23歳以下(U23)代表による仏・トゥーロン国際、6月にはW杯ブラジル大会のアジア最終予選が始まる。「僕は待ちの姿勢。声がかかったところで、自分の全力を出したい」。準備は整った。(シュツットガルト=河野正樹)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

得点ランキング

  1. 1位 (総得点5)
    選手名
    フォルラン (ウルグアイ・31歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    スナイデル (オランダ・26歳 内訳:左足1、右足3、ヘディング1)
    ビリャ (スペイン・28歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    ミュラー (ドイツ・20歳 内訳:左足0、右足4、ヘディング1)
  2. 5位 (総得点4)
    選手名
    クローゼ (ドイツ・32歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)
    イグアイン (アルゼンチン・22歳 内訳:左足2、右足0、ヘディング2)
    ビテク (スロバキア・28歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)

7月11日現在

記事を見て、つぶやいて

朝日イベントプラス