現在位置:
  1. asahi.com
  2. サッカーワールドカップ
  3. 日本代表
  4. ニュース
日本代表

〈代表リポート〉「勝つために、2年半やってきた」

2010年6月24日16時5分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:デンマーク戦の前日会見で笑顔を見せる岡田監督=越田省吾撮影拡大デンマーク戦の前日会見で笑顔を見せる岡田監督=越田省吾撮影

 【ルステンブルク=中川文如】日本代表は24日午後8時半(日本時間25日午前3時半)から、デンマークとの1次リーグE組最終戦に臨む。決勝トーナメント進出をかけた直接対決。得失点差で優位に立つ日本は引き分けでも進出が決まる。両チームは23日夜、試合会場となる当地のロイヤルバフォケング競技場で公式練習をした。岡田監督は記者会見で「我々にとって、日本サッカー界にとって大きな試合。ベストを尽くす」。ゲームキャプテンのMF長谷部は「引き分け狙いはせず、勝ちにいく。人生をかけた試合になる」と決意を語った。

写真特集はこちらから

    ◇

 ――引き分けでもいいが、戦い方は変わるか。

 「0―0は考えないほうがいい。ということは、我々は点を取らないといけない。いつも通り、勝つためにスタートする」

 ――日本の誇れる部分は。

 「100メートル競走では勝てないかもしれないけど、400メートルリレーなら勝てる可能性があることを醸し出せるチーム。でも、何を誇れるかどうかをいうのはまだ早い」

 ――相手は高さを武器にしている。

 「確かに身長の高さはアドバンテージになる。だが、高ければ常に勝てるわけでもない。セットプレー、パワープレー、いろんなことが考えられるが、クロスボールを上げさせない、きっちり相手と競る、こぼれ球を拾うことをきっちりやる。あとは神様がゴールを生むかどうか決めてくれる。急に背は伸びない」

 ――日本の組織力とデンマークの個の力の戦いか。

 「確かにフィジカルなどいろいろな面で個の力は相手が上かもしれない。デンマークも組織的なチームだと見ているが、自分たちより個の力がある相手に勝つために、何をしなければいけないかを2年半やってきた」

 ――もしデンマークに負けたら、そのときの心境は。

 「もし負けたらということを考えてない。勝つことしか考えていない。急にうまくなることはありえないわけで、いま持つ力を出すことしかできない。結果が出なければ、そのときは劣っていたと認め、批判を受けなければならない。だから絶望もしないし、歓喜もしない。よくやったと自分で思うこともない」

■長友、充実

 攻守に鍵を握る左サイドバック長友は「いい準備ができた」と充実の表情。練習では早いタイミングで入れるクロスに取り組んできた。「相手DFは身長が高いので工夫が必要。(1トップの)本田も反応してくれる」。守備ではデンマーク随一の速さを誇るロメダール封じを託される。「彼は周りとのパス交換で裏に抜け出ようとする。その動きを警戒したい」と話した。

■遠藤、飄々

 ほとんどの選手が「勝ちにいく」姿勢を強調する中、MF遠藤は普段通り飄々(ひょうひょう)としていた。「勝利でも引き分けでも、どっちでもいいですよ。日本が有利なのは間違いないんだから」。決戦を控えても興奮や緊張は口に出さない。「大事な試合なのはわかっているけど、うーん、どういう心境になるかなあ……」。全体練習後は居残りでシュートを繰り返した。高ぶる気持ちは内に秘めている。

■オルセン監督「わくわく」

 デンマークは23日午後6時前から約1時間の公式練習を行い、冒頭の約20分のみを公開した。記者会見でもオルセン監督は戦術面の質問に「日本を尊重しつつ、同時に自分たちの持ち味も追求する」と当たり障りのない答えに終始した。194センチのFWベントナーは足のつけ根に痛みを抱えると伝えられているが、「良好。2日に1度は練習を休んで様子を見ている。プレーできるかどうかは明日判断する」とこちらもけむに巻いた。

 報道陣から質問が集中したのは平均185センチ(カメルーン戦先発)を超える上背について、オルセン監督は「ひとつの要素で試合の一部ではある」と答えるにとどめた。日本の組織力を評価した上で「戦術の話はしないが、勝つ自信がある。今からわくわくしている」と話した。

検索フォーム

おすすめリンク

日本代表スカウティングの第一人者が、その理論のすべてを明かす。サッカー観戦力をレベルアップしよう

2010年ワールドカップ、日本代表選手着用モデルのレプリカユニフォームです。

海外でプレーするには?中村俊輔に学べ!俊輔が開発したノートつき


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

得点ランキング

  1. 1位 (総得点5)
    選手名
    フォルラン (ウルグアイ・31歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    スナイデル (オランダ・26歳 内訳:左足1、右足3、ヘディング1)
    ビリャ (スペイン・28歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    ミュラー (ドイツ・20歳 内訳:左足0、右足4、ヘディング1)
  2. 5位 (総得点4)
    選手名
    クローゼ (ドイツ・32歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)
    イグアイン (アルゼンチン・22歳 内訳:左足2、右足0、ヘディング2)
    ビテク (スロバキア・28歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)

7月11日現在

注目情報・チーム・選手

記事を見て、つぶやいて

朝日イベントプラス