現在位置:
  1. asahi.com
  2. サッカーワールドカップ
  3. 海外代表
  4. ニュース

疑惑のゴールから44年、今度は「疑惑のノーゴール」

2010年6月28日3時7分

印刷印刷用画面を開く

このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:イングランド・ランパードのシュートはクロスバーに当たった後、ゴールラインを割るが認定されず。ドイツGKノイアー=ロイター拡大イングランド・ランパードのシュートはクロスバーに当たった後、ゴールラインを割るが認定されず。ドイツGKノイアー=ロイター

写真:前半、ゴールが認められず立ち尽くすイングランドのランパード(8)。左はラリオンダ主審=越田省吾撮影拡大前半、ゴールが認められず立ち尽くすイングランドのランパード(8)。左はラリオンダ主審=越田省吾撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は27日、決勝トーナメント1回戦のドイツ―イングランドで、W杯史上に残りそうな「疑惑のノーゴール」が生まれた。

 イングランドは0―2から前半37分に1点を返した直後、MFランパードがシュートを放った。これがバーに当たって落ち、跳ね返って再びバーに当たった後にドイツのGKノイアーが捕球した。

 判定はノーゴール。ガッツポーズをしていたカペロ監督は、「信じられない」とばかりに絶叫。ビデオの映像では1度目にバーに当たってグラウンドで跳ねた時、完全にゴールラインを越えていた。

 試合は4―1でドイツが快勝。イングランドと西ドイツが戦った1966年大会決勝の延長前半、同じようにバーに当たって跳ねたシュートはゴールと判定され、イングランドが優勝したが、今なお物議を醸している。44年の時を経て、逆のケースが生まれた格好だ。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

得点ランキング

  1. 1位 (総得点5)
    選手名
    フォルラン (ウルグアイ・31歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    スナイデル (オランダ・26歳 内訳:左足1、右足3、ヘディング1)
    ビリャ (スペイン・28歳 内訳:左足1、右足4、ヘディング0)
    ミュラー (ドイツ・20歳 内訳:左足0、右足4、ヘディング1)
  2. 5位 (総得点4)
    選手名
    クローゼ (ドイツ・32歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)
    イグアイン (アルゼンチン・22歳 内訳:左足2、右足0、ヘディング2)
    ビテク (スロバキア・28歳 内訳:左足0、右足3、ヘディング1)

7月11日現在

注目情報・チーム・選手

記事を見て、つぶやいて

朝日イベントプラス