メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

バネをつくる工場。東日本に本社を置くこの金属部品製造会社は借金を減らすため、本社の土地と建物の売却に踏み切った

日本銀行が金融緩和で狙ったのは、人々が財布のひもを緩めて消費を拡大させることに加え、企業がお金を使って投資を増やすことだった。10年近くの緩和で企業の行動は変わったのか。 東日本にある金属部品製造会社は今年、本社の土地と建物の売却に踏み切っ…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■メディア空間考 伊藤大地 2022年は、オンライン空間にとって大きな転換点となるのかもしれない。10月、イーロン・マスク氏がツイッターを買収。「言論の自由」を理由に、新型コロナウイルスに関するデマ削除の停止をサイトで告知した。16年以降…

ツイッターのロゴとイーロン・マスク氏=ロイター
有料記事

■記者コラム 「多事奏論」 編集委員・長沢美津子 身近な食品の値上がりが続いて、日々の食卓がグローバル化した世界に組み込まれていることを思い知る。勝手なもので、「買う」以外に食べものを手にする手段を持たない心細さをおぼえる。キノコ採りの話を…

11月下旬、山梨県の山中湖近くで見つけた野生のエノキタケ=斎藤暖生さん提供
有料記事

経済や軍事で台頭した中国の強権化や硬直性の弊害が目立つ今こそ、大国としての基盤を築いた政治指導者の柔軟さに注目したい。 10年以上にわたって中国の顔だった江沢民・元国家主席が96歳で亡くなった。 共産党の総書記に指名されたのは、1989年の…

朝日新聞社の単独インタビューに応じたときの江沢民・中国国家主席。手ぶりを交え熱弁をふるった=1998年11月11日、北京・中南海、河合真人撮影

過去の差別発言の一部を謝罪、撤回したとはいえ、大臣の指示によるものだ。本心から反省しているとは、とても見えない。政府の職を担う資質の欠如は明らかだ。かばい続ける岸田首相の姿勢が厳しく問われる。 松本剛明総務相がきのうの記者会見で、杉田水脈(…

参院予算委員会で答弁に臨む杉田水脈総務政務官=2022年12月2日、国会内、上田幸一撮影

「神の手が働いたんだ」。サッカー界のスーパースター、マラドーナが試合後に放った一言はあまりに有名だ。1986年のW杯メキシコ大会での準々決勝。イングランド戦で決めた1点目は、ゴール前の競り合いで、頭ではなく左手に当てたものだった▼相手の猛烈…

有料記事

暮らしと話題

スタンダートコース 
初回・1カ月間が完全無料!
忙しい!記事を読む時間がない!
そんなあなたに
詳しくはこちら
スタンダートコース 
初回・1カ月間が完全無料!
無制限!毎日約500本配信される
記事が全て読み放題!
詳しくはこちら
朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら
朝デジ・プレミアムプレゼント
 お申し込みはこちら
【応募は11日まで】 人気書籍をプレゼント!
プレミアムコース会員限定
詳しくはこちら
有料会員限定のニュースレターでは、
深掘り解説や先行配信も!
豊富なジャンルのニュースレターをご用意!
登録はこちら
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human