メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

大東隆行さん

「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72)が京都市山科区の本社前で射殺された事件で、大東さんが事件前、周囲に「殺されるかもしれない」「暴力団なんて怖くない」と話していたことが捜査…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

「ともに喜びの声を上げよう」「抱き合おう、何百万人もの人々よ」――。年の瀬、日本では各地でベートーベンの「第九」が演奏される。戦争や衝撃的な事件、続くコロナ禍に揺れた今年、「歓喜の歌」にどんな意味があるのか。指揮者の佐渡裕さんに聞いた。  …

第九の指揮をする佐渡裕さん=橋本弦撮影
有料記事

■記者解説 科学みらい部・桜井林太郎、関根慎一 国連気候変動枠組み条約の第27回締約国会議(COP27)が、11月6日から20日までエジプトのシャルムエルシェイクで開かれた。欧州連合(EU)を中心に先進国は、温室効果ガスの排出削減を加速させ…

国連気候変動会議(COP27)の閉幕会合で木づちを持つ議長のシュクリ・エジプト外相(左)=2022年11月22日、エジプト・シャルムエルシェイク、AP
有料記事

経済や軍事で台頭した中国の強権化や硬直性の弊害が目立つ今こそ、大国としての基盤を築いた政治指導者の柔軟さに注目したい。 10年以上にわたって中国の顔だった江沢民・元国家主席が96歳で亡くなった。 共産党の総書記に指名されたのは、1989年の…

朝日新聞社の単独インタビューに応じたときの江沢民・中国国家主席。手ぶりを交え熱弁をふるった=1998年11月11日、北京・中南海、河合真人撮影

過去の差別発言の一部を謝罪、撤回したとはいえ、大臣の指示によるものだ。本心から反省しているとは、とても見えない。政府の職を担う資質の欠如は明らかだ。かばい続ける岸田首相の姿勢が厳しく問われる。 松本剛明総務相がきのうの記者会見で、杉田水脈(…

参院予算委員会で答弁に臨む杉田水脈総務政務官=2022年12月2日、国会内、上田幸一撮影

「神の手が働いたんだ」。サッカー界のスーパースター、マラドーナが試合後に放った一言はあまりに有名だ。1986年のW杯メキシコ大会での準々決勝。イングランド戦で決めた1点目は、ゴール前の競り合いで、頭ではなく左手に当てたものだった▼相手の猛烈…

有料記事

暮らしと話題

朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら
スタンダートコース 
初回・1カ月間が完全無料!
無制限!毎日約500本配信される
記事が全て読み放題!
詳しくはこちら
有料会員限定のニュースレターでは、
深掘り解説や先行配信も!
豊富なジャンルのニュースレターをご用意!
登録はこちら
詳しくはこちら
朝デジ・プレミアムプレゼント
 お申し込みはこちら
【応募は11日まで】 人気書籍をプレゼント!
プレミアムコース会員限定
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human