メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

立てこもり現場から、容疑者とみられる人物をブルーシートで囲みながら出てきた捜査員ら=2021年6月18日午後10時47分、さいたま市大宮区、加藤諒撮影

さいたま市大宮区のインターネットカフェで男が女性従業員を人質に丸1日以上立てこもった事件で、埼玉県警は18日深夜、男を監禁容疑で現行犯逮捕した。32時間にわたった立てこもり。県警は「被害者の安全確保を最優先に考えた」と説明する。今回の対応を…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

五輪開幕を目前にして、政府の旗振りによりワクチン接種が急加速している。職域、学校、大規模会場での64歳以下……続々と対象が広がるなか、見えなくなっていることはないか。 ■打たない人への差別懸念 水口真寿美さん(弁護士) 新型コロナのワクチン…

グラフィック・田中和
有料会員記事

去年の秋、私は身のおきどころのない喪失感を抱えて宝塚大劇場へ行った。仕事を離れて宝塚歌劇にひたろうと。 ミラーボールにスパンコールの衣装、何色ものライト。劇場にいる3時間、現実を忘れた。わが子ぐらいの年頃のタカラジェンヌたちが気合の笑顔で踊…

会員記事

選挙という民主主義の土台を破壊する行為に、こともあろうに国会議員が手を染める。刑事責任はきわめて重く、実刑は当然といえる。 19年7月の参院選をめぐり、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた元法相の河井克行被告に対し、東京地裁はきのう、懲役3…

判決を聞く河井克行被告。左上は高橋康明裁判長=2021年6月18日、東京地裁、絵と構成・小柳景義

中国は、秘密に満ちた大国である。共産党政権がふるう強権も、都合の悪い事件や事故も、その実像に迫る報道が伝えられることは少ない。 そんな国にあって、香港は、いわば中国と世界を結ぶ情報の窓口だった。香港メディアを通じて、中国の内実の一端が世界に…

香港で17日、リンゴ日報本社から押収資料などを持ち出す警察官=AP

作家樋口一葉が残した日記には、母親に小説の読み聞かせをする記述がいくつかある。「夕飯ことに賑々(にぎにぎ)しく終(おわ)りて、諸大家のおもしろき小説一巡母君によみて聞かしまいらす」「日没後小説二、三冊よみて母君に聞かし参らす」▼近代文学研究…

有料会員記事

暮らしと話題

朝日新聞デジタル創刊10年
特集ページ公開中
おすすめコンテンツをご紹介
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特設サイト公開
新コース登場!
特集コンテンツも公開中
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特集ページ公開中
おすすめコンテンツをご紹介
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特設サイト公開
新コース登場!
特集コンテンツも公開中
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL