メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

米バイオ企業モデルナが開発した新型コロナウイルスのワクチン=ロイター

新型コロナウイルスのワクチンについて、米バイオ企業モデルナは25日、6~11歳でも2回接種により感染を防ぐ抗体が増え、安全性も確認できたとする臨床試験の新たな中間結果を発表した。近く米食品医薬品局(FDA)や各国の規制当局にこのデータを提出…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

コロナ禍への政府の対応に国民の不信感は根強い。自民党総裁選では厚生労働省の分割論が浮上し、衆院選では各政党がコロナ対策を競い合う。悪いのは政治家なのか、官僚なのか。■会見すら開かない政権にびっくり 漫画家、ライター・田房永子さん コロナ禍の…

悪いのは政治家?官僚?
有料会員記事

政治家になる女性の少なさが取りざたされて久しいが、今回の衆議院選挙でも女性候補者は増えなかった。背景には何があるのだろうか。家父長的な儒教文化の影響が強いとされる日本と韓国、台湾の女性の政治参画に詳しい政治学者の申琪榮(シン・キヨン)さんに…

問われる民意2021
有料会員記事

1週間後に控える衆院選の前哨戦として、総力を挙げた結果の敗北である。滑り出したばかりの新政権が、なぜ支持を広げられなかったのか、岸田首相は重く受け止める必要がある。 岸田政権初の国政選挙となった二つの参院補欠選挙のうち、保守地盤が強く、野党…

参院静岡補選の告示に合わせて静岡入りし、街頭演説する岸田首相=2021年10月7日、静岡市、西畑志朗撮影

「核なき世界」をめざす核兵器禁止条約に、日本はどう関与し、いかにして核保有国の姿勢を改めさせるか。 この衆院選で、自民党・広島選出の岸田首相は明確な答えを示していない。唯一の戦争被爆国の針路をどう描くか、有権者の選択が左右する。 すべての核…

核禁条約発効の日、核なき未来を願うメッセージが原爆ドーム前に浮かんだ=2021年1月22日、広島市中区、上田潤撮影

コロナでおあずけになっていたものは何かと聞かれれば、旅行という方も多いだろう。当方もそろそろいいかなと思い、1泊2日で近場の温泉に出かけた▼夕食の前に1回、寝る前に1回、翌日の午前中に2回と、いつもより多めに湯につかったのは、ある種の「飢え…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME