メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

立憲民主党の枝野幸男代表

新型コロナウイルス感染症に対応する感染症法の改正案について、与党は、感染者が入院措置を拒んだ場合に科せる懲役刑の導入を見送る方向で調整に入った。野党側が導入に強く反対しているためだ。特別措置法改正案も含めた与野党の修正協議は26日から始まっ…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

駒大が最終10区で大逆転劇を演じて総合優勝を果たした今年の箱根駅伝。97回目を迎えた大会で、大きな変化があった。 各大学のユニホームに、スポンサーのロゴを入れられるようになったことだ。 世界陸連の広告規程改訂によって可能となり、日本陸連でも…

会員記事

箱根駅伝で監督が選手に放った「男だろ」「男だ」の活。その是非をめぐるネット上の意見は、OKとNGに二分され、交わることもない。性別表現が引き起こす問題の根にあるものは。 ■非難より矛盾正す契機に 田中優子さん(江戸文化研究者) 「おまえ、男…

  
有料会員記事

市民の自由や権利に深く関わる法案だというのに、懸念を払拭(ふっしょく)すべく丁寧に説明し、納得を広げようとの姿勢はうかがえなかった。菅政権はきょうから始まる与野党協議では、幅広い国民の理解と協力を得て、感染抑止の実効性を高められるよう、柔軟…

衆院予算委で答弁する菅義偉首相=2021年1月25日、恵原弘太郎撮影

政府が発行する国債の償還までの期間が急速に短くなっている。2019年度発行分の償還は平均9年後だったが、20年度は6年8カ月後、21年度も6年10カ月後となる計画だ。 短期の資金調達が増えるほど金融市場が混乱した際の影響を受けやすくなる。こ…

日本銀行が大量購入する短期国債が、コロナ禍の財政の「駆け込み寺」になっている=東京都中央区

大記録が目前に迫る。どんなスポーツであれその選手は、声援を背に精神を集中するものだろう。ハンク・アーロンさんの場合は違った。ベーブ・ルースの本塁打記録714本に近づくと脅迫の手紙が毎日のように届いた。アーロンさんが黒人だからだ▼「親愛なるハ…

有料会員記事

暮らしと話題

人気芸人3組と
朝デジが異色のコラボ!
じわじわ効く!ニュースは朝デジ
限定漫才をチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
家族で楽しめる
楽しい3択クイズ!
しつもん!ドラえもん
今すぐチェック!
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education