メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

「何かのまちがいであってほしい」 半信半疑で向かったがん検診の再検査。医師からこう告げられた。 「子宮頸(けい)がんでまちがいない。子宮をとらないといけない」 2017年10月、群馬県の30代女性は頭が真っ白になった。 さらにこう伝えられた…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■記者コラム「多事奏論」 岡崎明子 世界で初めて、すべての妊婦に無料で出生前検査を提供する国となったのはデンマークだ。2004年から、ダウン症など染色体に異常がある子が生まれる確率を示す血液検査と、超音波検査を実施している。 その結果、何が…

妊娠中の女性
会員記事

天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが1日、20歳の誕生日を迎えた。女性天皇容認案が出たのは3歳のころ。以降、皇位継承をめぐる議論が続くなかで「大人」になる愛子さまへの、私たちの責任は。 ■若い皇族、人生選べる道を 小宮山洋子さん(ジャーナリスト…

  
有料会員記事

立憲民主党は「創業者」である枝野幸男氏に代わる新しいリーダーに、4人の候補者の中で最も若く、旧国民民主党出身の泉健太政調会長を選んだ。刷新感とともに、支持層のウィングを広げたいという思いの表れに違いない。 泉氏は逢坂誠二元政調会長との決選投…

立憲民主党の新代表に選出され、「がんばろう」とかけ声を掛ける泉健太氏(右)=2021年11月30日、東京都港区、内田光撮影

安全な地で子どもを育てたい。安定した暮らしを築きたい。そんな切なる願いを抱く移民や難民を危険にさらす言語道断の振るまいである。 世界最北の内陸国であるベラルーシに、中東などの人びとがにわかに集まった。イラクのクルド系が多く、アフガニスタンや…

ベラルーシ西部ブルズギの避難所で食事を受け取るためベラルーシ兵の周りに集まる移民・難民の子どもたち=2021年11月20日、喜田尚撮影

エゾヒグマ、オオワシ、ニシローランドゴリラ……。きのう東京・上野動物園で見た動物たちである。いずれ劣らぬ猛者ぞろい。飼育舎めぐりは興味が尽きない▼猛獣や珍獣がうごめくのは動物園だけではない。先月刊行された『永田町動物園』には、政界のケモノた…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME