メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

戸籍に氏名の読み仮名が記載される手続き

海(マリン)、椛(イロハ)といった名前の読み方は、辞書に載っていなくても、次々と生まれています。これに対し、「一般に認められているものでなければならない」という規定が法律に設けられる方向になりました。「キラキラネーム」を含め、自由な名づけ文…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

昨年の暮れ、ウクライナへ出張した。首都キーウは停電に次ぐ停電で、建物はどこも照明が暗く、底冷えがした。 市民が買い求めていたのは小型発電機や薪(まき)ストーブ、ロウソクなど。一方でまったく売れなくなったのがロシア文豪の名作の数々だ。書店の棚…

有料記事

公的な申請書や願書などで「男・女」を明記させる性別欄。いま、性的マイノリティーへの対応のあり方や統計への影響などが議論されています。ジェンダー論が専門の菊地夏野さんは見直しの必要性を認める一方で、「現状のままでは、ほころびを繕うようなもの」…

社会学者の菊地夏野さん
有料記事

政府が中長期の財政試算をまとめた。財政健全化目標が達成可能だとするが、大型の補正予算を組まないのが前提とされ、実現性は疑わしい。コロナ禍で失われた財政規律を立て直し、肥大化した歳出を着実に見直すことが求められる。 政府は、国と地方の基礎的財…

新たな財政試算を議論した経済財政諮問会議で発言する岸田文雄首相=2023年1月24日午後4時52分、首相官邸、上田幸一撮影

なぜ、長崎で原爆に遭った人たちの訴えを拒むのか。広島に関して救済を命じる新たな司法判断が示され、政府もそれを受け入れたのに、どうして長崎では従来の見解にこだわるのか。疑問と憤りを禁じ得ない。 78年前、きのこ雲の下にいながら、国が指定した被…

被爆者認定を求め、国側との裁判を続ける原告団=1月16日、長崎市万才町

ある俳優がNHKの時代劇に出た。テレビ草創の頃である。出演料の入った封筒を本番の直前にもらい、胸元におさめてカメラの前へ。当時はドラマでも何でも生放送だった。やり直しはきかない▼忍者役でバッサリと切られて、駆け寄った味方に虫の息で告げる。「…

有料記事

暮らしと話題

朝日新聞モールでお得に買い物を楽しもう!
人気商品もスイーツも
15%OFFクーポンもらえる!
有料会員に今すぐ登録!
詳しくはこちら
スタンダードコース 
初回・1カ月間が完全無料!
新聞記事検索も使い放題!
読みたい記事にすぐアクセス!
詳しくはこちら
朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら
朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら
プレミアムコース会員限定
【朝デジ・プレミアムプレゼント】
最大10,000円OFF
朝日新聞モールのクーポンをプレゼント
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human