メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

政府が想定するワクチン接種のスケジュール

新型コロナウイルスのワクチン接種の実務を担う全国の自治体が対応に追われている。政府は感染防止の「切り札」と期待するが、人手や会場の確保など課題は山積する。国からの情報も不足し、かつてない大がかりな接種に向け、現場は不安を募らせている。 全国…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

年末年始の連載企画「共生のSDGs」で、外国人技能実習生を取材した。見えてきたのは、「途上国への技術移転」という建前をかかげる技能実習制度の矛盾だ。実際は人手不足の産業に労働者を送る国策なのに、その建前にもとづいて自由な転職が認められず、実…

会員記事

伝家の宝刀・人事権を使い、霞が関を支配してきたとされる安倍、菅両政権。官僚側の過度な忖度(そんたく)や萎縮も問題となっている。なぜ、「政と官」はこんな関係になったのか。人事院の元官僚で、人事政策とその国際比較を研究する嶋田博子さんは、英国を…

京都大学公共政策大学院教授の嶋田博子さん=2020年12月18日午後、京都市左京区、筋野健太撮影
有料会員記事

東京五輪の開催を危ぶむ声が国内外に広がる。 朝日新聞が23、24日に実施した世論調査では、再延期もしくは中止と答えた人が86%にのぼった。世界で新型コロナの感染が収まる気配がなく、国内の医療態勢も逼迫(ひっぱく)するなか、当然の受け止めと見…

首相官邸を訪れたIOCのバッハ会長(左)と菅首相=2020年11月16日、首相官邸

2度目の緊急事態宣言から20日間が経過した。感染抑止を最優先すべき局面が続く一方で、経済活動への制約も広がっている。打撃を受ける産業や働き手を社会全体で支えつつ、回復に備える必要がある。 宣言が出た11都府県の人口は全国の過半に及び、夜間の…

2回目の緊急事態宣言を受け、営業時間を短縮した飲食店の貼り紙=2021年1月14日、東京都江東区、山本知弘撮影

18世紀のロンドンでは、強い酒で値段も安いジンが大流行した。産業革命期の労働者にとって、手っ取り早く酔える酒は、つらい仕事を忘れる手段だったと飯田操著『パブとビールのイギリス』にある▼人々の身体をむしばむ事態を何とかしようと政府はビールを奨…

有料会員記事

暮らしと話題

人気芸人3組と
朝デジが異色のコラボ!
じわじわ効く!ニュースは朝デジ
限定漫才をチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
家族で楽しめる
楽しい3択クイズ!
しつもん!ドラえもん
今すぐチェック!
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education