メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク理事長の牛島信弁護士=東京都千代田区

東芝の株主総会で、経営側が提案した取締役2人の人事案が否決された。主要株主への対応などをめぐって混乱が続く状況をどう見るか。日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク理事長で、企業統治に詳しい牛島信弁護士に聞いた。 ――株主総会のポイントは…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■記者コラム「多事奏論」 天草支局長 近藤康太郎 ひょんなことから故郷の東京を飛び出し、九州に住み始めて8年目になる。田舎暮らしの魅力にどはまりし、新聞やら書籍やらで地方移住を“扇動”している。「たった数年でなにが分かる」と“本物”の田舎人…

稲刈りを終え、わらを集める「塾生」たち。ライター道を教えた分は、田んぼで働いて返してもらう=長崎県諫早市
会員記事

大坂なおみ選手が全仏オープンの記者会見を拒否した。アスリートのメンタルヘルスへの無理解に対する抗議の意図だったが、賛否は分かれた。この騒動をどう考えればよいのか。(聞き手・笠井正基 中島鉄郎 桜井泉)■選手も一人の人間 「あるがままの自分に…

大坂なおみ選手のツイッターから抜粋
有料会員記事

厚生労働省の審議会で、今年度の最低賃金改定の議論が始まった。昨年度はコロナ禍のもと引き上げ額の目安を示さず、事実上の据え置き判断だった。 最低賃金やそれに近い給与で働く人たちの中には、物流や小売り、福祉の現場など生活に欠かせないサービスを担…

今年の最低賃金の引き上げ幅を議論する審議会が始まった=22日、東京・霞が関の厚生労働省

女性が政治活動をする際に、有権者や他の議員からセクハラ・マタハラ(妊娠・出産をめぐる嫌がらせ)を受ける事態を、これ以上、放置できない。女性が政治に進出する意欲をそがれてしまうし、そもそも重大な人権侵害である。 候補者や議員へのセクハラ・マタ…

改正候補者男女均等法の成立を喜ぶ「クオータ制を推進する会」のメンバーと超党派の議連会長を務めた中川正春衆院議員(後列右から4人目)=東京・永田町

東日本大震災の直後、香港紙の記者、陳沛敏さんは被災地に入った。彼女の身を案じた上司から帰国指示が出るが、現地にとどまり、津波や原発の取材を続ける。「ニュースの現場にいたい。それが記者の職業病だから」と、後に語った▼勤続25年、陳さんの愛する…

有料会員記事

暮らしと話題

解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL