メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

成田空港に到着し、検疫に向かう乗客たち=2021年11月30日午前11時52分、千葉県成田市、嶋田達也撮影

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の水際対策として、政府は日本に到着する国際線の新規予約を受け付けないよう、航空会社に異例の要請をした。海外に滞在中の日本人が帰国できるのか詳しい説明はなく、出張中の社員がいる企業や、選手を派遣してい…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

「現時点で、世界で一番厳しい措置だ」。胸を張っているようなメールが政府関係者から届いた。岸田文雄首相が先月29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応策を発表した時のこと。全世界からの外国人の新規入国を停止するという内容…

会員記事

従業員を採用する際、入社希望者が匿名で使うSNSの投稿内容を調べる動きが広がっている。「裏アカウント」の調査をする企業の本音は何なのか。就職活動中の学生はどう反応するのか。就活支援サイト「就活の教科書」を運営する岡本恵典社長(30)に聞いた…

就職活動支援サイト「就活の教科書」を運営する岡本恵典社長=2021年11月15日、大阪市北区、矢島大輔撮影

立憲民主党は「創業者」である枝野幸男氏に代わる新しいリーダーに、4人の候補者の中で最も若く、旧国民民主党出身の泉健太政調会長を選んだ。刷新感とともに、支持層のウィングを広げたいという思いの表れに違いない。 泉氏は逢坂誠二元政調会長との決選投…

立憲民主党の新代表に選出され、「がんばろう」とかけ声を掛ける泉健太氏(右)=2021年11月30日、東京都港区、内田光撮影

安全な地で子どもを育てたい。安定した暮らしを築きたい。そんな切なる願いを抱く移民や難民を危険にさらす言語道断の振るまいである。 世界最北の内陸国であるベラルーシに、中東などの人びとがにわかに集まった。イラクのクルド系が多く、アフガニスタンや…

ベラルーシ西部ブルズギの避難所で食事を受け取るためベラルーシ兵の周りに集まる移民・難民の子どもたち=2021年11月20日、喜田尚撮影

エゾヒグマ、オオワシ、ニシローランドゴリラ……。きのう東京・上野動物園で見た動物たちである。いずれ劣らぬ猛者ぞろい。飼育舎めぐりは興味が尽きない▼猛獣や珍獣がうごめくのは動物園だけではない。先月刊行された『永田町動物園』には、政界のケモノた…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME