メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

探られた裏アカ 就活の深層

■連載「探られた裏アカ 就活の深層」① 東京・飯田橋の雑居ビルの一室。3人が黙々とパソコン画面に向かう。 手元には1通のエントリーシートがある。 金融会社へ転職を希望する20代女性のもの。女性が匿名で投稿しているSNSのアカウントを見つけ出…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■2030 SDGsで変える 私たちは貧困を終わらせることができる最初の世代で、地球を救う機会を持つ最後の世代――。世界の首脳が国連本部に集まり、全会一致でSDGs(持続可能な開発目標)を採択してから25日で6年。コロナ禍による停滞や後退に…

稲場雅紀さん(右)と国谷裕子さん=東京都中央区、井手さゆり撮影
会員記事

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手(27)の二刀流で大いに盛り上がった今年の大リーグ。レギュラーシーズンも残りわずか、大谷選手には日本人初の本塁打王だけでなく、「野球の神様」ベーブ・ルース(1895~1948)以来の「ダブルダブル」(投…

ピンチをしのいでガッツポーズの大谷翔平選手=9月19日、加藤諒撮影
会員記事

前世紀の戦争責任を背負う国の指導者が、21世紀に世界が守るべき理念の旗手を務めた。顧みれば、そんな構図だった。 ドイツのアンゲラ・メルケル首相(67)である。26日の総選挙に立候補せず、引退する。4期16年間、ドイツ政治のみならず、自由主義…

米国のハーバード大学で2019年5月30日、学生に向けて演説するドイツのメルケル首相=ロイター

災害への準備を怠らず、被害を最小限に抑える。その手立てを平時から考え、進めていくのは政治の重要な役割だ。自民党総裁選では防災対策についても活発に議論を交わしてほしい。 国土交通省によると、昨年起きた洪水や高潮、土石流などの水害の被害額は暫定…

西日本を中心に続いた8月の長雨で道路が冠水。避難できなくなった人がボートで救出された=2021年8月14日午前10時、佐賀県武雄市朝日町中野、長沢幹城撮影

わけあってこちら側で止まっています――。エスカレーターの絵にそんな言葉をあしらったマークの存在を最近知った。体の不自由な人々が乗降時に感じる不安を理解してもらおうと、東京都理学療法士協会が3年前につくった▼東京なら右、大阪なら左。エスカレー…

有料会員記事

暮らしと話題

毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
上野千鶴子さん・
笠井信輔さんなど多数ご出演
Reライフフェスティバル
見逃し配信中
詳しくはこちら
上野千鶴子さん・
笠井信輔さんなど多数ご出演
Reライフフェスティバル
見逃し配信中
詳しくはこちら
豪華プレゼントを用意しました。
9/27まで
有料会員限定で
プレゼントキャンペーン中!
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME