メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

「基本的対処方針分科会」を終え、取材に応じる尾身茂会長=2022年1月19日午前、東京都千代田区、加藤諒撮影

新型コロナウイルス対策を政府に助言する専門家の有志は20日、感染者が今後さらに急増した場合に、基礎疾患のない若者らは検査をしなくても症状のみで診断できるようにするとした政府への提言案をまとめた。医療の逼迫(ひっぱく)を避ける苦肉の策を示す一…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

「ステルス値上げ」という言葉をご存じだろうか。探知されにくいステルス戦闘機のように消費者に気づかれない値上げのことをいうそうだ。たしかにパッケージは変えずに容量や個数を減らすことで実質的に値上げされた商品は少なくない。だが、最近は値上げもス…

竹内幹さん
会員記事

「ドコモのスマホがつながらない」。NTTドコモが大規模な通信障害を起こした昨年10月14日の午後、総務省記者クラブの固定電話に同僚から連絡が入った。すぐに取材に取りかかろうと思ったが、クラブにいた私も先輩記者も自分のスマホはドコモで、つなが…

会員記事

石油などの値上がりによる世界的なインフレ傾向が、日本にも徐々に及んでいる。家計への悪影響を防いで消費を支えるには、順調に利益を上げている多くの企業がしっかりと賃上げしなければならない。 日本銀行は今週まとめた「経済・物価情勢の展望」で、22…

ガソリンスタンドの価格表示

学校法人のガバナンス(統治)改革をめぐる議論が混迷している。私立大学で不祥事が相次いだのを受けて始まったものだが、意見の溝は深く、文部科学省がめざす3月中の取りまとめは不透明な状況だ。 大学の自治や教育の自由、さらには学生一人ひとりの勉学や…

新設された「学校法人制度改革特別委員会」の初会合=1月12日、東京・霞が関の文部科学省、三浦淳撮影

雨の擬音語は、ざあざあ、しとしと、ぴちぴちなど色々あるが、雪はそういうわけにはいかない。自ら音を発せず、むしろ音を吸い込む。それを「しんしん」の語が言い表している▼いつも以上に雪の多さが伝わってくる冬である。湿った重い雪に悩まされているとい…

有料会員記事

暮らしと話題

【1/24まで】スタンダードコース
月額1980円→今なら2カ月間0円
【あと5日】2カ月間無料で
記事読み放題キャンペーン中
詳しくはこちら
【1/24まで】スタンダードコース
月額1980円→今なら2カ月間0円
【あと5日】2カ月間無料で
記事読み放題キャンペーン中
詳しくはこちら
【1/24まで】スタンダードコース
月額1980円→今なら2カ月間0円
【あと5日】2カ月間無料で
記事読み放題キャンペーン中
詳しくはこちら
解説・視点・提案 
専門家らが投稿「コメントプラス」
菅野志桜里さん・
成田悠輔さんら総勢106人に
詳しくはこちら
解説・視点・提案 
専門家らが投稿「コメントプラス」
菅野志桜里さん・
成田悠輔さんら総勢106人に
詳しくはこちら
解説・視点・提案 
専門家らが投稿「コメントプラス」
菅野志桜里さん・
成田悠輔さんら総勢106人に
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME