メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

駅構内で、「顔認証機能」が付いた防犯カメラが作動していることを伝えるステッカー=JR東日本提供

主要駅の安全対策としてJR東日本が7月から、顔認識技術を用いて刑務所からの出所者、仮出所者の一部を駅構内で検知する仕組みを導入していたことがわかった。JR東の施設などで重大事件を起こした人を想定。国の個人情報保護委員会と相談して判断したとし…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

土石流災害で大きな被害が出た静岡県熱海市に7月、取材に入った。破壊された建物、ひしゃげた標識、泥にまみれた乗用車……。基準を超える量の盛り土が被害を甚大にしたともされ、ほかの土砂災害と同様には語れないかもしれない。それでも、土石流は急斜面を…

会員記事

狂言師でありつつ、シェークスピア劇もしばしば演じてきた野村萬斎さん(55)。今年は、シェークスピアの喜劇「ウィンザーの陽気な女房たち」を狂言にした「法螺侍(ほらざむらい)」を上演しました。狂言とシェークスピアにはさまざま共通項がありながら…

狂言師の野村萬斎さん=遠藤啓生撮影
動画記事
有料会員記事

中国の台頭や北朝鮮の核・ミサイル開発など、東アジアの厳しい安保環境のなか、日本の平和と安全をどう守るのか。自民党総裁候補の4氏には、力による対抗措置に傾斜することなく、国際連携や直接対話など、外交努力とのバランスある議論を深めてもらいたい…

自民党総裁選の候補者討論会の冒頭、色紙を手に記念写真に納まる、(左から)河野太郎・行政改革相、岸田文雄・前政調会長、高市早苗・前総務相、野田聖子・幹事長代行=2021年9月18日、東京都千代田区、藤原伸雄撮影

東京・品川の大規模な再開発区域から明治初期の鉄道遺構が見つかり、一部が国史跡に指定された。新橋―横浜間に初めて鉄道が敷かれた際、海上に線路を通すために造成された堤で、付近の地名をとって「高輪築堤(たかなわちくてい)」と呼ばれる。 解体必至と…

出土した高輪築堤。城の石垣を築く伝統的な技術を生かした堤の上にイギリスから輸入したレールを敷き、日本初の蒸気機関車が海上を走った=2021年2月16日、東京都港区

「家」「シジミ」「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」。暮らしに根ざした詩を数多く残した石垣りんさん。亡くなって17年になるこの夏、久々に選詩集『表札』が刊行された▼〈自分の住むところには 自分で表札を出すにかぎる(略)精神の在り場所も ハタ…

有料会員記事

暮らしと話題

毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
上野千鶴子さん・
笠井信輔さんなど多数ご出演
Reライフフェスティバル
見逃し配信中
詳しくはこちら
上野千鶴子さん・
笠井信輔さんなど多数ご出演
Reライフフェスティバル
見逃し配信中
詳しくはこちら
豪華プレゼントを用意しました。
9/27まで
有料会員限定で
プレゼントキャンペーン中!
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME