メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

約1年半におよぶコロナ危機によって、日本の経済政策や産業界が抱える様々な課題が顕在化しました。今後の経済の立て直しに向け、これらの課題をどう乗り越えていけばいいのか。 海外との違いにも目を向けつつ、問題の背景や克服への道筋を探っていくと、コ…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■記者コラム「多事奏論」 栄冠という言葉が夏の日差しのようにまぶしい。 全国高校野球選手権の大会歌のふるさと石川県能美(のみ)市に久しぶりに行った。根上(ねあがり)野球場の一角、桜の木に囲まれた歌碑に歌詞が3番まで刻まれている。そばのボタン…

根上野球場の一角にある「栄冠は君に輝く」の歌碑。歌詞と加賀大介さんの略歴が刻まれている。手前のボール型ボックスの中のボタンを押すと歌が流れる=2021年7月9日、石川県能美市
会員記事

「応援消費」という言葉を知っていますか? 製品やサービスの買い物を通じて、作り手の理念や思いを支える、新たな消費スタイルです。その普及を目指す「Makuake(マクアケ)」の共同創業者、坊垣佳奈さん(37)は、応援消費には、利己的な行為であ…

坊垣佳奈さん
会員記事

新型コロナの新規感染者が全国で連日1万人を超え、東京都では「爆発的な感染拡大」に向かうことが懸念されている。菅首相や小池百合子都知事は今こそ、専門家や医療現場の強い危機感を正面から受け止め、国民の行動変容につながるメッセージを打ち出さねばな…

4府県への緊急事態宣言発出について、会見で説明する菅義偉首相=2021年7月30日午後7時2分、首相官邸、上田幸一撮影

政官業が密室で政策を決める悪弊が、いっこうに改められない。コメ先物取引をめぐる農水省の議論の進め方は、あきれるばかりである。 2018年にコメの生産調整(減反)が廃止され、農家は自ら需給を予想して生産量を決めるようになった。農家や流通業者ら…

大阪・堂島でのコメ先物取引の歴史は、江戸中期の1730年にさかのぼる。世界初の本格的な先物取引だったとされる=国立国会図書館のウェブサイトから

〈断固たる意志 偉大なる栄光〉。ロシア国歌の一節だ。スポーツの国際大会でおなじみの旋律を東京五輪で聞くことはない。ロシアが日本に逆転勝利した体操男子団体でも、奏でられたのはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番だった▼「国歌が流れず無念だった…

有料会員記事

暮らしと話題

解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME