メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

勝どき駅周辺のタワーマンション=2018年6月29日午前、東京都中央区、朝日新聞社ヘリから、伊藤進之介撮影

「タワマン節税」と呼ばれる相続税の軽減策について、国税庁が防止に向けた検討に入った。マンションを相続する場合、相続税の算定根拠となる評価額が時価(市場価格)を大きく下回り、現金で相続するよりも相続税が安く済む場合がある。高層階ほど節税効果が…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■記者コラム 「多事奏論」 大阪編集局記者・河合真美江 大きく背伸びしたかと思うと縮み、また伸びてゆらゆらする。ふふふっと笑うようでもある。と、ジジジと燃える音がする。和ろうそくの炎は勢いよく踊る。 お供えにと友だちからもらい、初めて火をつ…

和ろうそくの炎の揺らめきは幻想的
有料記事

「男は黙って仕事」。誰から言われたわけでもないのに、そんな姿が男らしく、かっこいいと思い込んできた。現代の男性が抱える問題を取り上げた連載「『男性を生きづらい』を考える」の取材を通して、そんな自分の価値観は変えなければ、と思っている。 今年…

取材にあたって、「男性問題」に関する本をまず読んだ。気づかされることが多かった
有料記事

芸術表現活動に対する、行政の恣意(しい)的な判断や安易な介入への重い戒めである。 3年前の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の負担金の一部約3380万円の支払いを拒んだ名古屋市に対し、司法が二度にわたって「ノー」をつきつけた。名古屋…

「あいちトリエンナーレ」の会場を出る来場者=2019年8月3日

献金・寄付の悪質な勧誘を規制する政府の新法案が、きのう衆院を通過し、あす参院で可決、成立する運びとなった。被害者を救済し、再発を防げるのか。健全な寄付行為を萎縮させないか。数々の課題と疑問を残しての一歩となる。 安倍元首相の銃撃事件後、世界…

衆院本会議で旧統一教会の被害者救済法案が可決した後、会見する被害者の小川さゆりさん(仮名)。左は橋田達夫さん=12月8日、国会内、上田幸一撮影

つま先を伸ばしたくなる広い足元、革製の黒いシートの柔らかい手触り。生まれて初めて、高級車センチュリーに乗ってみた。後部座席に座って都心の大通りを走る。歩行者の視線がこちらを向いているような気がして、なんだか落ち着かなかった▼乗せてくれたのは…

有料記事

暮らしと話題

スタンダートコース 
初回・1カ月間が完全無料!
便利な機能も満載!
「好き」な話題や連載もチェック!
詳しくはこちら
スタンダートコース 
初回・1カ月間が完全無料!
視野が広がる記事を読もう!
経済だけじゃない情報がある
詳しくはこちら
朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
朝デジ・プレミアムプレゼント
 お申し込みはこちら
【応募は11日まで】 人気書籍をプレゼント!
プレミアムコース会員限定
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human