メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

瀬尻稜選手=事務所提供

「やべえ」「ゴン攻めしてて」「ビッタビタでしたね」 25、26日に開催された東京オリンピック(五輪)スケートボード男女ストリート。2013年のワールドカップで日本人初の優勝を果たしたプロスケートボーダー瀬尻稜選手(24)の飾らない解説が、S…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

コロナ禍のもと実施され、「勝者なき選挙」と言われた東京都議選。任期満了まで3カ月を切り、秋までに実施される衆院選に向けて、この結果から見えてきたものは何か。■「最後にはまとまれるのか」問われている 待鳥聡史さん(京都大学教授)(聞き手・稲垣…

デザイン画
有料会員記事

コロナ禍のもと実施され、「勝者なき選挙」と言われた東京都議選。任期満了まで3カ月を切り、秋までに実施される衆院選に向けて、この結果から見えてきたものは何か。 ■自公以外を求める有権者 待鳥聡史さん(京都大学教授) 都議選でまず感じたのは、都…

  
有料会員記事

世界遺産をめぐる日本の対応に、国際機関が「強い遺憾」を表明した。対外的な信頼に関わる事態であり、政府は速やかに是正に動くべきだ。 6年前に登録された「明治日本の産業革命遺産」である。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の委員会は、この文化遺産の…

産業遺産情報センターの展示スペース。三つのゾーンのうち「ゾーン3」の資料室で、軍艦島の元島民の証言映像が公開されている=同センター提供

東京電力ホールディングスが、再建計画に当たる「総合特別事業計画」の改訂版をまとめた。事故を起こした福島第一原発の廃炉や賠償にかかる費用21・5兆円のうち、東電が15・9兆円を負担するといった計画の大枠は、4年前の前回計画から変えなかった。 …

東京電力ホールディングスが再稼働をめざす柏崎刈羽原子力発電所だが、メドは立っていない=2021年3月、新潟県、朝日新聞社機から、迫和義撮影

運動部の男子学生から広がったとされる「そうっスね」「マジっスか」といった言葉遣い。社会言語学者の中村桃子さんは「ス体」と命名した。親しみと丁寧さを同時に伝えられる語法として浸透していったという(『新敬語「マジヤバイっす」』)▼五輪スケートボ…

有料会員記事

暮らしと話題

子ども読書応援キャンペーン第2弾
【7/31(土)まで】
おすすめ本20冊を
合計2021名にプレゼント!
詳しくはこちら
おすすめ本20冊を
合計2021名にプレゼント!
子ども読書応援キャンペーン第2弾
7/31(土)まで!
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
記事横の吹き出しアイコンから
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME