メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

衆院予算委で自民党の上野賢一郎氏の質問を聞く菅義偉首相=2021年1月25日午前10時39分、恵原弘太郎撮影

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が出されるなか、衆院予算委員会が25日に開かれ、本格的な国会論戦がはじまった。野党からは、菅政権による判断の遅れや、不十分な対策への追及が続いた。内閣支持率の下落も止まらず、菅義偉首相にとって厳…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又(また)は妻の氏を称する」。民法750条のこの一文のために、悩み、苦しむ人たちにたくさん出会ってきた。「夫婦別姓も選べる制度を」と切実に願う人たちは、昨年、第5次男女共同参画基本計画で何か前進があ…

会員記事

・非正規労働者に手当を支払わないことは、趣旨や目的によっては違法になる ・ボーナスや退職金の不支給も、場合によっては違法とされる可能性がある ・企業は待遇の差を設ける理由について納得感のある説明が必要になる     ◇ 「格差是正一歩前進」…

労働契約法20条をめぐる訴訟判決の主な判断
有料会員記事

新型コロナウイルスの感染拡大による医療の逼迫(ひっぱく)が深刻だ。入院・療養先が見つからずに自宅待機を余儀なくされる人や、救急搬送の困難事例が各地で増えている。病床の確保と医療体制の立て直しに、総力を挙げねばならない。 政府が国会に提出した…

東京都内の新型コロナウイルスの感染状況などを分析する都のモニタリング会議=2021年1月7日午後、東京都庁、荻原千明撮影

毒で襲われ、かろうじて命をつないだ反体制派の指導者が、帰国直後に拘束された。 明白な弾圧であり、重大な人権侵害だ。ロシア政府はただちに釈放し、真相解明と責任者の処罰を行うべきだ。 拘束されたのは、政財界の腐敗を告発してきたアレクセイ・ナバリ…

モスクワのシェレメチェボ空港で今月17日、拘束前に司法当局者(左奥)から話しかけられるナバリヌイ氏(中央)=ロイター

明治後期の東京に、その一角だけ洋館が立ち並ぶ場所が生まれた。丸の内の陸軍練兵場の跡地に、三菱が1号館、2号館……と事務所を建てていったもので「一丁倫敦(いっちょうロンドン)」の呼び名がついた。まるで小さなロンドン。当時の人々の驚きが伝わって…

有料会員記事

暮らしと話題

人気芸人3組と
朝デジが異色のコラボ!
じわじわ効く!ニュースは朝デジ
限定漫才をチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
家族で楽しめる
楽しい3択クイズ!
しつもん!ドラえもん
今すぐチェック!
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education