メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

ゲノム検査に出す組織をとる手術の準備をする浪花莉愛さんと、父の浩和さん=2021年5月、福井大学病院、家族提供

福井市の浪花莉愛(りな)さん(12)は2歳を前に、脳腫瘍(のうしゅよう)の手術の後、声帯をとる手術をうけて声を失った。 2021年5月、父親の浩和さん(52)はツイッターで偶然、研究開発中の新しいタイプの人工喉頭(こうとう)の存在を知った…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■欧州季評 ブレイディみかこさん 7月にロックダウンが全面解除され、ほぼ日常が戻ってきていた英国では、オミクロン株感染者が確認されたことを受け、また行動規制が始まるのかという暗いムードが漂っている。逆戻りする可能性への反発は強い。英国では…

ブレイディみかこさん
会員記事

戸籍にある漢字の名前に「読み仮名」を登録することの検討が、法制審議会で始まった。個性的な読み方の名前は、どこまで認められるのか。読み方の規制と自由を考える。■「聖子」を重荷に思ったことはない 参院議員の橋本聖子さん 1964年の東京オリンピ…

読みにくい名前は
イラスト キーン・ミッシェル・アンマリー
有料会員記事

政策の提案は重要だが、政権を厳しくチェックする野党の役割がおろそかになってはいけない。一方、政権の側には、徹底した説明責任の履行と、野党の対案を受け止める柔軟さが求められる。「言論の府」の立て直しに向け、双方の責任は重い。 岸田首相の所信表…

衆院本会議で立憲民主党の泉健太代表(手前)の代表質問を聞く岸田文雄首相=2021年12月8日、国会内、上田幸一撮影

民主的な選挙の結果を力ずくで覆すクーデターに正統性はない。その軍政下で行われた裁判である。まっとうな判決が言い渡されるとは誰も思うまい。 ミャンマーの裁判所が、アウンサンスーチー氏に禁錮4年の判決を下した。スーチー氏の率いる国民民主連盟(N…

ミャンマーの首都ネピドーで5月24日、裁判に初出廷したアウンサンスーチー氏(左)(情報省提供)=AFP時事

ギリシャの古代オリンピックに集ったのは、選手や観客だけではなかった。多くの人に訴えかける機会ととらえ、弁論家たちも政治理念を説いた。例えばゴルギアスは演説で、抗争を続けるギリシャ諸都市に協和を求めた▼権勢を振るう独裁者を批判する弁論家もいた…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME