メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

記者会見をする平井卓也デジタル改革相=2021年6月18日午前、東京都千代田区

東京五輪・パラリンピック向けアプリの事業費削減をめぐり、請負先企業のNECについて、「脅しておいた方がよい」と指示した平井卓也デジタル改革相が、同じ会議の中で、旧知の大学教授が関係する技術の優位性に触れ、教授と「一緒にやっちゃってもいいよ」…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

市議会議員は容疑者の親戚――。茨城県で起きた一家殺傷事件をめぐり、容疑者と同姓で近所に住んでいた男性市議がネットで広まったデマに振り回された。 この情報に私が気付いたのは、容疑者の男が逮捕された5月7日。男の自宅周辺での取材に加わっていた…

会員記事

グローバル化は世界全体の格差を縮小させた半面、先進国内で中間層の没落ももたらした。こんな所得分布のゆがみを解き明かした経済学者、ブランコ・ミラノビッチさんは新著で、いま世界を覆っているのは米国と中国の「二つの資本主義」だと語る。不平等の拡大…

インタビューに応じるブランコ・ミラノビッチさん=ワシントン、ランハム裕子撮影
有料会員記事

「民主主義の危機」という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか。ポピュリズムの広がり、今の日本政治の現状、権威主義体制の台頭、はたまた巨大プラットフォーム企業の影響の高まり……。様々な動きから、とかく危機が語られる民主主義ですが、結局その本質と…

政治学者の宇野重規さん=2021年6月9日、川崎市中原区、遠藤啓生撮影
有料会員記事

東京では新型コロナの新規感染者数が下げ止まり、増加に転じる気配もある。専門家から早期のリバウンド(再拡大)への強い懸念が示される中での緊急事態宣言の解除である。 大半の地域がまん延防止等重点措置に移行し、引き続き宣言に準じた感染対策がとられ…

会見で、記者の質問に答える菅義偉首相。右は政府分科会の尾身茂会長=2021年6月17日、首相官邸、上田幸一撮影

飲食店で自由にお酒が飲めない。「禁酒令」とも言える感染対策は、緊急事態宣言の後も完全には解けそうにない。1920~30年代の米国禁酒法になぞらえたくなるが、当時は多くの人にとって「飲酒の時代」でもあった。ただし闇での▼岡本勝著『禁酒法』によ…

有料会員記事

暮らしと話題

朝日新聞デジタル創刊10年
特集ページ公開中
おすすめコンテンツをご紹介
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特設サイト公開
新コース登場!
特集コンテンツも公開中
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特集ページ公開中
おすすめコンテンツをご紹介
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特設サイト公開
新コース登場!
特集コンテンツも公開中
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL