メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

NPO法人TENOHASIの炊き出し。この日はコロナワクチン接種に関するチラシも配られた。コロナ禍のなかで集まる人数は急増していて、380人が列をつくった=6月12日、東京都豊島区

新型コロナウイルスのワクチン接種について、路上やネットカフェで暮らすホームレス状態の人への接種をどう進めるかが課題となっている。定まった住所がないため接種券を受け取れなかったり、手続きなどの情報が届かなかったりする人が多いためだ。 6月12…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

児童8人の命が奪われた大阪教育大付属池田小学校の事件から20年がたった。学校の安全対策は見直され、最近は校内で大きな被害が出る事件は起きていない。だが、登下校中の子どもが犠牲になる事件や事故は今も相次いでいる。 私も2005年、栃木県の小1…

大阪教育大付属池田小学校に設置された「祈りと誓いの塔」に献花する児童たち=6月8日、大阪府池田市、西岡臣撮影
会員記事

コロナ禍の危機は万国共通でも、突破にあたる政権の形は各国様々だ。 政権選択選挙の勝者が責任を担う国がある。米国では、バイデン民主党政権が大統領選で前のトランプ共和党政権を糾問した分だけ、目に見える成果が問われる。評価は来年の中間選挙で下る…

「SWALLOW」 絵・皆川明
会員記事

五輪開幕を目前にして、政府の旗振りによりワクチン接種が急加速している。職域、学校、大規模会場での64歳以下……続々と対象が広がるなか、見えなくなっていることはないか。 ■打たない人への差別懸念 水口真寿美さん(弁護士) 新型コロナのワクチン…

グラフィック・田中和
有料会員記事

「力強く、誇り高い2国の関係」。米大統領はロシア大統領に、そう語りかけたという。 大戦後の世界を二分した大国同士というプライドだろうか。そんな指導者意識があるなら、国際社会全体の利益をもたらす協調をみせてもらいたい。 バイデン政権発足後で初…

ジュネーブで16日、首脳会談で握手を交わすバイデン米大統領(右)とロシアのプーチン大統領。スプートニク提供=ロイター

〈世の娘半分は父を嫌ふとぞ猫を撫でつつ答へむとせず〉宮地伸一。老いても娘の思いが気になる父親の姿が浮かぶようである。きょうは父の日。父娘の短歌を探してみたが、意外と少ない。母の日と比べて地味な存在なのにも通じるか▼〈転勤の娘(こ)の背に春の…

有料会員記事

暮らしと話題

朝日新聞デジタル創刊10年
特集ページ公開中
おすすめコンテンツをご紹介
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特設サイト公開
新コース登場!
特集コンテンツも公開中
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特集ページ公開中
おすすめコンテンツをご紹介
詳しくはこちら
朝日新聞デジタル創刊10年
特設サイト公開
新コース登場!
特集コンテンツも公開中
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL