メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

(C)テレビ東京

「俺の食に密はない。がんばれ、飲食業界。井之頭五郎」。漫画・ドラマ「孤独のグルメ」の原作者である久住昌之さんが五郎のイラストをつけて、こうツイートしたところ、20万件を超える「いいね」がついた。午後8時に飲食店が閉まったら、仕事の合間にふら…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

菅義偉首相の肝いり政策である携帯電話料金の値下げ。政権の強硬な姿勢を受けて、携帯大手3社は横並びで3月からの割安な大容量の新料金プランを打ち出した。利用者には吉報だが、喜んでばかりでいいのだろうか。2人の論者に「官製値下げ」の真価を尋ねた…

ITジャーナリストの西田宗千佳さん
有料会員記事

あなたは脱炭素社会の将来像をどう描き、そこにいたる変革の道のりをどのように進むべきだと考えますか? この問いに答えを出すべく、20人の札幌市民が昨年11月から12月にかけて隔週の日曜午後、計4回約16時間もの長きにわたってオンラインで話し合…

会員記事

トランプ米大統領が、ツイッターやSNSなどのソーシャルメディアから締め出された。この事態は、ネットの言論空間を健全に発展させるうえで、重い問いを投げかけている。 トランプ氏の投稿はかねて、差別や憎悪をあおり、事実に反する内容が多いと問題視さ…

凍結されたトランプ米大統領のツイッターアカウント=ツイッターの画面から

冷えきった状態が長引く日本と韓国の関係が、変化する契機となるのか。発言に沿った行動に動きだすことを望む。 文在寅(ムンジェイン)大統領が年頭の記者会見で、徴用工と慰安婦問題をめぐる懸案について、従来より踏み込んだ考えを示した。 徴用工訴訟は…

韓国大統領府で新年の記者会見を行う文在寅大統領=1月18日、ソウル、大統領府写真記者団(東亜日報提供)

夫が米副大統領だったころもジル・バイデンさんは教壇に立ち続けた。警護官には学生ふうの服を着てもらい、装備品は背中のリュックに。日々接する自分の生徒に要らぬ心配をさせたくなかった▼結婚前から地元の高校や短大で英語を教えてきた。55歳で博士号を…

有料会員記事

暮らしと話題

デジタルコースが
2カ月間無料で使える!
今がチャンス!初トクキャンペーン
実施中!
詳しくはこちら
デジタルコースが
2カ月間無料で使える!
今がチャンス!初トクキャンペーン
実施中!
詳しくはこちら
デジタルコースが
2カ月間無料で使える!
今がチャンス!初トクキャンペーン
実施中!
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education