メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

2004年、静養先の須崎御用邸から三井浜に散策に出て、海を眺める天皇、皇后両陛下(上皇ご夫妻)と秋篠宮ご夫妻、眞子さま(右から3人目)、佳子さま

歴史学者がみた眞子さまの結婚 問題の本質は放置された

秋篠宮家の長女眞子さまの結婚。父の「認める」との発言を受け、社会には再び強い反発と臆測、応援がわき上がる。私たちはなぜ「眞子さまの結婚」を語りたがるのだろうか。■歴史学者・河西秀哉さん 生きた人間を「象徴」とする限り 人を好きになったり、悩…

動画記事
有料会員記事
これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

・政府は待機児童対策で新たな方針を検討しているが、状況はこれまでと異なっている ・保育利用者が増えた一方で少子化も進み、将来的には保育園が余る懸念がでてきた ・一方で待機児童数の削減を重視した規制緩和などが、新たな課題を生んでいる    ◇…

データでみる待機児童問題
会員記事

宇宙に最も多く存在している元素。地球上の気体でいちばん軽く、色もにおいもない――。 何のことか、おわかりだろうか? そう、水素である。来たるべき脱炭素時代のエネルギー源の一つと目されている。 気候危機を避けるには、二酸化炭素(CO2)を出さ…

水素ステーションとトヨタの燃料電池車=福島県いわき市鹿島町
会員記事

菅首相の肝いりで、政府が行政機関のデジタル化を急いでいる。先週には、司令塔として来年9月に設立予定の「デジタル庁」に、マイナンバー制度全般の企画立案など七つの分野を所管させる案を公表した。 政府がデジタル化の要に位置づけるのが、マイナンバー…

杉並区役所のマイナンバーカードの窓口=5月13日午後、東京都杉並区、内田光撮影

野口聡一さんの国際宇宙ステーション(ISS)での滞在が始まって2週間になる。ISSまでの飛行には米スペースX社が開発した宇宙船が使われた。来春の次回打ち上げには星出彰彦さんが搭乗する予定だ。 民間の船で宇宙を行き来する時代の幕開けである。官…

19日、国際宇宙ステーションの中から会見する野口聡一宇宙飛行士(後列右)ら=NASAテレビから

新型コロナウイルスへの構えとして「ハンマー&ダンス」という言葉がある。米国発の言い回しのようで、移動制限などの強力な対策を、ハンマーを打ち下ろすことに例えた。ウイルスをガツンとたたく感じだ▼それで感染が少し落ち着いたら、感染防止と社会経済活…

有料会員記事

暮らしと話題

紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら
紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education