メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

北京五輪・パラリンピック大会組織委員会の事務所に掲げられた大会ロゴ=11月4日、北京、高田正幸撮影

米バイデン政権が6日に表明した、来年2月の北京冬季五輪に政府当局者を参加させない「外交ボイコット」は、中国にとっても織り込み済みだった。 「来ようが来るまいが、だれも気にしないし、北京冬季五輪に何らの影響もなく、成功裏に行われる」 バイデン…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

新型コロナウイルスの感染が再拡大し、緊急事態宣言が出るような場合でも社会経済活動の継続をめざして政府が導入する「ワクチン・検査パッケージ」。ワクチン接種証明や検査での陰性結果を示すことでイベントや飲食、都道府県をまたいだ移動での行動制限を緩…

会員記事

行政デジタル化の一環で、戸籍に氏名の読み仮名を記載する方向で政府内の検討が進んでいます。これを機に「キラキラネーム」と呼ばれる名前も、再び議論になるのでしょうか。そもそも「読めない名前」はいけないのでしょうか。「キラキラネームの大研究」の著…

文筆家の伊東ひとみさん
有料会員記事

衆院選で国民の信任を得た岸田首相が、初めて本格的な論戦に臨む臨時国会が召集された。安倍・菅両政権下で傷つけられた「言論の府」を立て直す出発点にしなければならない。首相が掲げる「丁寧で寛容な政治」の内実が問われる。 首相はきのうの所信表明演説…

衆院本会議で所信表明演説をする岸田首相=2021年12月6日、上田幸一撮影

テレビ局など放送事業者に課せられている「外資規制」の監視体制が強化されることになった。政府は次の通常国会に放送法などの改正案を提出する。 ことし相次いで発覚した東北新社やフジ・メディア・ホールディングスのルール違反を機に、総務省の有識者検討…

不祥事に揺れた総務省=東京都千代田区

真珠湾攻撃が報じられたその日、勝利を伝えるニュースから背を向けるように、作家の野口冨士男は映画館に向かった。私小説「その日私は」によると、もうアメリカ映画が見られなくなると心配したからだ▼映画の最中も、隣接したカフェからラジオの大音量が聞こ…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME