メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

多くの飲食店が立ち並ぶ新宿・歌舞伎町。新型コロナウイルスの国内感染者が2千人を超えた日の夜も、大勢の人たちでにぎわっていた=2020年11月18日午後6時47分、東京都新宿区

重症者は「第1波」ピークの1.5倍 さらに増える恐れ

新型コロナウイルスに新たに感染した人は11月、全国で4万7千人を超え、月別で過去最多となった。重症者も30日まで9日連続で最多を更新し、493人。政府の分科会は9日の緊急提言以降、感染拡大を食い止めるためのメッセージを繰り返し発信したが、繁…

会員記事
これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

生まれつき子宮や腟(ちつ)がない女性たちがいる。「ロキタンスキー症候群」と呼ばれる。がんの手術などで子宮を失った女性たちもいる。彼女たちとその家族は、「子をもつ」という選択とどう向きあったのか。「子宮がない 家族の選択」という連載でつづった…

会員記事

秋篠宮家の長女眞子さまの結婚。父の「認める」との発言を受け、社会には再び強い反発と臆測、応援がわき上がる。私たちはなぜ「眞子さまの結婚」を語りたがるのだろうか。■小島慶子さん「伝統的な家族観、都合良く皇室へ棚上げ」 眞子さまには結婚する自由…

小島慶子さん
動画記事
有料会員記事

今国会は残り5日となり、政府・与党は会期を延長しない方針だ。しかし、一連の疑惑をうやむやにしたまま終わっては、立法府の存在意義が揺らぐことになろう。 まずは、「桜を見る会」の前夜祭をめぐる問題である。 安倍前首相周辺が費用の一部の負担を認め…

衆院本会議を終え記者の質問に答える安倍晋三前首相=2020年11月24日午後1時21分、恵原弘太郎撮影 

ネット上の書き込みで被害を受けた人の救済を図るため、法律を改正して新たな仕組みを導入する見通しになった。 損害賠償などを求めるには、投稿した相手が誰なのかをまず突き止める必要がある。現在はサイトの運営者と接続業者を相手に、ネット上の住所や本…

ソーシャルメディアの普及とともに、ネット上での中傷も深刻化している

目の不自由な人にとって、鉄道のホームというのは「欄干のない橋」だ。よく言われる例えである。そんな怖い橋を杖だけに頼って歩く。ひんぱんに列車が来る駅であれば、危険さは橋どころではないかもしれない▼痛ましい事故がまた起きてしまった。おととい東京…

有料会員記事

暮らしと話題

紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら
紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
紙面がそのまま
スマホで読める
紙面ビューアーアプリが登場
今すぐチェック
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education