メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

昭和天皇の動向や言動が記された百武三郎侍従長の日記や手帳=2021年11月22日、東京都文京区、内田光撮影

1936年の二・二六事件直後から敗戦直前の44年まで昭和天皇の侍従長を務めた百武三郎(ひゃくたけさぶろう)(1872~1963)の日記が、太平洋戦争開戦80年の今年、東京大学に寄託された。41年の記述からは、12月の開戦に向かって苦悩を深め…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■記者コラム 「多事奏論」 11月21日夜、国際オリンピック委員会(IOC)宛てにメールを送った。 「安否が心配される彭帥(ポンショワイ)選手についての正式な声明があるなら、共有してほしい」 IOC広報が声明を発表したようだという情報を耳に…

2020年1月、メルボルンで開かれた全豪オープン女子テニスの試合に出場した彭帥選手=AP
会員記事

■メディア空間考 土屋亮 ヤフーのニュース部門で働いていた中瀬竜太郎さん(46)が退社したのは2013年、38歳の時だった。ネット大手を去る決断は周囲から不思議がられ、事情を知る人からは心配された。中瀬さんが公言したのは、「退社後は古巣のビ…

ノアドットの中瀬竜太郎さん。決まった事務所はなく、都内各地のシェアオフィスなどを使っている=東京都港区
会員記事

自国民を保護するという国家の基本的な責務を放棄した。そう批判されてもやむを得ない。 新型コロナの感染防止対策の一環として、国土交通省が日本に到着する国際線の新規予約を12月末まで停止するよう、航空各社に要請した。海外に住む日本人や、出張中の…

オミクロン株の水際対策について、取材に応じる岸田文雄首相=2021年12月2日午前9時55分、首相官邸、上田幸一撮影

来年の春闘に向けた議論が始まった。コロナ禍からの安定的な経済回復には、着実な賃上げが必須の条件だ。長く抑え込まれてきた働き手への還元拡大を実現できるかは、「新しい資本主義」を議論し始めた岸田政権や経済界の姿勢の真贋(しんがん)を測る試金石に…

金属・機械系の中小企業の労働組合などでつくるJAMの本部では、ホワイトボードに春闘の回答が記入された=2021年3月17日、東京都港区

来年没1400年を迎える聖徳太子こと厩戸皇子(うまやどのおうじ)には、少なくとも4人の妃(きさき)がいた。聖人としての逸話には事欠かないが、どんな私生活を送ったのだろう▼飛鳥時代の有力者には一夫多妻が多く見られた。太子の場合、4妃のうち3人…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME