メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

衆院内閣委で、北海道などに緊急事態宣言を出すことを質問され、答弁する西村康稔経済再生担当相=2021年5月14日午前9時45分、国会内、上田幸一撮影

新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、政府は14日午前に専門家による「基本的対処方針分科会」を開き、緊急事態宣言の対象に北海道、岡山、広島の3道県を新たに加える諮問を出し直して了承された。当初案では岡山、広島両県は緊急事態宣言に準じるまん…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

SNSのタイムラインを、交わらないままの言葉が流れていく。インターネットによって「世界の人々がつながり合える」という期待はかすみ、人間はそれぞれの「泡」の中に閉じこもったまま、「私」の情報は統治や商売の種と化しているかにみえる。情報技術と人…

DX(デジタル変革)が流行中ですが、むだな仕事の半分以上は、人間、マネジメントの問題です=北村玲奈撮影
有料会員記事

米グーグルなどの巨大IT企業が影響力を強めるネット広告について、政府は4月下旬、規制強化策をまとめた。不透明さが指摘される広告効果の第三者による測定を受け入れさせたり、個人情報の扱いをわかりやすく説明させたりするもので、政府は「世界に先駆け…

会員記事

政府与党は、この国で生きる外国人を尊厳ある存在としてとらえているのだろうか。そんな根本的な疑問がわいてくる。 出入国管理法改正案をめぐる対応である。与党は衆院法務委員会での採決を急ぐ構えをみせる。入管行政が抱える様々な問題を放置して審議を打…

名古屋出入国在留管理局で収容中に亡くなったスリランカ国籍のウィシュマ・サンダマリさん=遺族提供

東日本大震災を受け、南海トラフ地震の想定震源域内にある静岡県の浜岡原発が全面停止してから、きょうで10年になる。自然災害の常襲国で原発を運転するリスクを、見つめ直す機会としなければならない。 運転停止は、2011年5月に当時の菅直人首相が巨…

防波壁に囲まれた中部電力浜岡原発。南海トラフ地震の揺れや津波の影響が懸念されている=2018年、静岡県御前崎市、本社機から

事故から10年後に遺族が植えたヤマボウシの葉が緑に輝く。20年の節目に立てられた「安全の鐘」には真新しい千羽鶴が。きょうで発生から30年となる滋賀県甲賀市の信楽(しがらき)高原鉄道事故現場を訪ねた▼慰霊碑には犠牲者42人の実名が刻まれていた…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
家族で楽しめる
楽しい3択クイズ!
しつもん!ドラえもん
今すぐチェック!
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL