メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

プラスサイズモデルの吉野なおさん

「体形=美」の呪縛、解くためには モデル吉野なおさん

 白髪を染めない「グレーヘア」の流行など、「ありのままの自然体が美しい」というメッセージが増えています。そんな動きを肯定的にとらえる一方で、いざ自分のこととなると簡単には踏み出せません。呪縛の正体は何か、どうしたら解放されるのか。プラスサイ…

有料会員記事
これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■共通体験なき現代、蔓延する無関心 “今の世の中には、民主主義という言葉がはんらんしている。民主主義ということばならば、だれもが知っている。しかし、民主主義のほんとうの意味を知っている人がどれだけあるだろうか。その点になると、はなはだ心もと…

社会学者の西田亮介さん(右)と対談する真山仁さん=山本和生撮影
有料会員記事

県職員の言葉に思わず耳を疑った。 安倍晋三前首相の連続在職日数が歴代最長になった約2カ月前、地元・山口の県庁玄関に祝意を示す横断幕が掲げられ、担当者が「偉業を県民の皆さまとお祝いしたい」と説明したからだ。村岡嗣政(つぐまさ)知事も「国の代表…

会員記事

年末にまとめる来年度税制改正に向けた議論が、自民党税制調査会で始まった。 コロナ禍は収束のめどが立たず、生活に苦しむ家計や経営難の企業は少なくない。一方、税制を見ると、昨秋の消費増税に向けて実施された住宅ローン減税の拡充は年末に、自動車税の…

性的少数者の尊厳を根本から否定する暴言だった。 東京都足立区議が「同性愛者が法律で守られると区が滅んでしまう」と、9月下旬の本会議で発言した。抗議を受け、先日ようやく撤回・謝罪した。 偏見に基づく公人の発言は、LGBTなど性的少数者への差別…

韓国の作家ペク・ヒナさんの絵本には、とびきり表情豊かな人々が登場する。驚いて見開いた目は星のよう。腹を立てたときの眉間(みけん)は谷のよう。人形を粘土で手作りし、精巧なセットごと撮影した本で、表現の斬新さにうなった▼米大統領選の行方を占う最…

有料会員記事

暮らしと話題

レシピ数1万件突破!
今日の献立に大活躍【料理メモ】
レシピをチェック
詳しくはこちら
今日の献立にお悩みのあなたにオススメ!
レシピ数1万件突破!【料理メモ】
今日のレシピを見てみよう
詳しくはこちら
今日の献立にお悩みのあなたにオススメ!
レシピ数1万件突破!【料理メモ】
今日のレシピを見てみよう
詳しくはこちら
レシピ数1万件突破!
今日の献立に大活躍【料理メモ】
レシピをチェック
詳しくはこちら

and 朝日新聞デジタルのウェブマガジン

&w &M &TRAVL &Education