メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

フードコート内のワクチン接種会場に来場者が来ず時間をもてあます看護師。柱には接種を呼びかけるポスターが貼られていた=2021年10月14日、モスクワ、石橋亮介撮影

ロシアで新型コロナウイルスの感染拡大が過去最悪の状況になっている。1日あたりの感染者数は3万人、死者数も1千人を超えた。ロシアは昨年、世界初の新型コロナワクチンの開発に成功したと発表したが、政治不信から接種率は低迷。マスク着用も広がらず、感…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

与党を脅かす存在になりきれない野党に、不満の声が上がり続けています。しかし、野党を批判するだけでよいのでしょうか。英国には、野党だけに支給されるお金があるといいます。そのココロは何なのか。英国政治に詳しい政治学者の近藤康史さん(名古屋大学教…

問われる民意2021⑩近藤康史さん
有料会員記事

トップが異なれば結果は違ったのか。東京五輪を巡る混乱と不信を振り返りながら浮かんだのは、8月に亡くなった国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ前会長のことだった。 8年前に東京五輪の開催決定を読み上げた人の訃報(ふほう)が大会が終わって届く…

2013年のIOC総会で新会長に選ばれたバッハ氏(左)。右はロゲ会長
会員記事

ブダペストから車で西に1時間弱、フェルチュートはハンガリーのごく平凡な農村である。人口約1700人で、トラックが行き交う街道沿いに民家が点在する。その1軒で、元調理員の女性コルマイ・ユリカさん(59)が、ビッキーの愛称を持つ同級生男子の思い…

「ケモノカモ」 絵・皆川明
有料会員記事

見直しに向けた議論の必要性は理解できる。それにしても、今回の進め方は拙速に過ぎ、将来に禍根を残さないか。そんな疑問を拭えない。 侮辱罪の法定刑を引き上げる刑法改正案を法制審議会の部会がまとめ、21日の総会を経て法相に答申されることになった…

SNSで攻撃をうけた後、自死したプロレスラー木村花さんの母響子さん(右)。裁判を起こし、その第1回弁論の後に会見した=2021年3月22日、東京・霞が関

ノーベル物理学賞の受賞が決まった直後、気象学者の真鍋淑郎さんが米国の自宅で応じたインタビューを見ていて気になったものがある。リビングの壁にかかった2編の詩だ▼井上靖の「渦」と、もう一つは白鳥省吾の作品だとわかった。前者はノーベル文学賞候補と…

有料会員記事

暮らしと話題

期間限定/
新コースがおトクにお試しできる
スタンダードコースが2カ月間無料!
「秋トク」実施中
詳しくはこちら
期間限定/
新コースがおトクにお試しできる
スタンダードコースが2カ月間無料!
「秋トク」実施中
詳しくはこちら
期間限定/
新コースがおトクにお試しできる
スタンダードコースが2カ月間無料!
「秋トク」実施中
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME