メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

映画「教育と愛国」のポスターの前に立つMBSの斉加尚代さん=2022年5月18日午後、大阪市淀川区十三本町1丁目、西畑志朗撮影

政治家の記者会見で、激しいやりとりが減ったと感じる。そんな中、著書「何が記者を殺すのか」を出し、上映中のドキュメンタリー映画「教育と愛国」で監督を務めた毎日放送(MBS)ディレクターの斉加尚代さん。「萎縮するメディア」の背景には何があるのか…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

政治家の記者会見で、激しいやりとりが減ったと感じる。そんな中、著書「何が記者を殺すのか」を出し、上映中のドキュメンタリー映画「教育と愛国」で監督を務めた毎日放送(MBS)ディレクターの斉加尚代さん。「萎縮するメディア」の背景には何があるのか…

「MBSのドキュメンタリーチームはこれぐらいの仕事ができるんだ、と示し続けたいんです」=西畑志朗撮影
有料会員記事

■記者コラム「多事奏論」 高橋純子 ――戦争はなぜ起きるの? 「人間が愚かだからだよ」 ――どうしたら愚かじゃなくなるの? 「ちゃんと考えることだよ」 そんな絵本を読んだ記憶がおぼろになるのもむべなるかな、この世に生まれてはや半世紀、鼻で笑…

崩れ落ちた家屋の前を通る人たち=2022年5月1日、ウクライナ首都キーウ近郊ブチャ、諫山卓弥撮影
有料会員記事

政権与党が自前の候補を立てず、野党候補を支援する。そうなったら、何を基準に投票すればいいのか、有権者が戸惑うのは間違いない。連立を組むのか、閣外協力を求めるのか、態度を明確にしないまま選挙戦に臨むなら、不誠実きわまる。 この夏の参院選は、岸…

新年度予算案の衆院通過後、賛成した国民民主党の玉木雄一郎代表とひじタッチする岸田首相=2022年2月22日、国会内、上田幸一撮影

国際基準との隔たりは大きく、「難民鎖国」の汚名の返上ははるかに遠い。そう言わざるを得ない。 出入国在留管理庁が昨年中の難民認定状況を発表した。 難民条約に基づく「難民」とされたのは74人で、日本が加入した1981年以降最多となった。だが国軍…

21年、サッカーのミャンマー代表選手として来日後、難民認定されたピエリアンアウンさん。外務省前のデモに参加した=2022年2月1日、東京都千代田区、竹花徹朗撮影

舞台は架空の国トメイニアの宮殿。支配者ヒンケルが陶然とした表情で、地球儀を模した特大の風船をもてあそぶ。チャプリンの映画「独裁者」は世界征服の野望に取りつかれた男の狂気を描く▼ヒトラーを想起させる権力者と、うり二つの理容師をひとりで演じ分け…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
スタンダードコース
初回・1カ月間無料!
最大5000件!
お気に入り・キニナル記事をスクラップ
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
特別展
「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」
有料会員限定で
100円割引クーポン配布中
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human