メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

書類送検されたパティシエが売っていたケーキ。「鬼滅の刃」のキャラクターをチョコレートで作っていた。価格は1万3千~1万5千円だった=警視庁提供

人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターをケーキに描いて売っていたパティシエを、警視庁が著作権法違反容疑で書類送検した。アニメキャラをあしらったケーキを売る店は各地にある。なぜ摘発に至ったのか。 今月上旬に書類送検されたのは、店舗を持たずにウェ…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■2030 SDGsで変える 豊かな海が、ごみに脅かされています。三方を海に囲まれた山口県で10年前から続く海底清掃に記者が参加し、海の底から現状を見つめました。この活動は、SDGs(持続可能な開発目標)の一つ「海の豊かさを守ろう」に深く関…

30センチ先も見えないヘドロ漂う海底で空き缶を拾う寺島笑花記者=2021年10月16日午前10時1分、山口県周南市大津島の馬島漁港、京瀧勝さん撮影
動画記事
会員記事

■記者解説 モスクワ支局長・喜田尚 ソ連崩壊から30年になるのを前に、ロシアと欧米の緊張が再び高まっている。場所は黒海。旧ソ連で親欧米路線に転じたウクライナ、ジョージアや、北大西洋条約機構(NATO)加盟国のトルコ、ソ連崩壊後にNATOに加…

スイス・ジュネーブで6月16日、バイデン米大統領との首脳会談後、記者会見に臨んだプーチン大統領=喜田尚撮影
会員記事

政府は、自らの不誠実な姿勢と強権的な振る舞いが、この事態を招いたと猛省すべきだ。 米軍普天間飛行場の辺野古への移設計画をめぐり、政府が申請していた設計変更を玉城デニー沖縄県知事は不承認とした。埋め立て予定海域に広がる「マヨネーズ並み」とも言…

米軍普天間飛行場移設計画の工事が進む辺野古周辺。奥の大浦湾には軟弱地盤が見つかっている=2021年11月25日午後4時30分、沖縄県名護市辺野古、朝日新聞社機から、北村玲奈撮影

中東で核開発が拡散すれば、世界全体を脅かす。その危機を防ぐために2015年に結ばれたのが、イラン核合意だ。 米トランプ政権が一方的に離脱したことで機能不全に陥ってから3年半が過ぎた。行き詰まりを早急に打開することは国際社会にとって急務といえ…

22日、テヘランを訪問し、イラン側の担当者と話す国際原子力機関のグロッシ事務局長(右)=AP

本というものは、いつのまにか本棚からあふれてしまう。たいていの場合は売るか、人にあげるか、床に放置するか。しかし土肥(どひ)潤也さん(26)は別の方法を考えた。図書館をつくったらどうだろう▼次に考えたのは、何人かに呼びかけて本棚のアパートの…

有料会員記事

暮らしと話題

一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME