メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

ウーバーイーツの配達員は自転車やバイクで食料品を運ぶ=2020年4月11日午前10時46分、東京都港区、吉田貴司撮影

不法残留していたベトナム人がフードデリバリー大手ウーバーイーツの配達員として働くのを手助けしたとして、警視庁は22日、運営していたウーバージャパン(東京都港区)の幹部2人と、法人としての同社を出入国管理法違反(不法就労助長など)の疑いで書類…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

ネット上で誰もが意見を発信できる時代。言いっ放しのつぶやきがあふれ、あやふやな情報も駆けめぐっています。新聞社はニュースをどう届ければいいのでしょうか。朝日新聞が今月1日に開いた「あすへの報道審議会」で、パブリックエディター(PE)と読者…

  

名人強し――。4~5月に行われた第79期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は、改めてそう実感させられるシリーズだった。 初防衛を目指す渡辺明名人(37)に挑戦したのは、関西の俊英、斎藤慎太郎八段(28)…

会員記事

「普通はない」はずのパンデミック下での五輪の開催を強行し、含みを残しながらも、専門家が「望ましい」とする無観客方式を採ることもしない――。 このまま突き進めば「コロナに打ち勝った証し」どころか、科学的知見を踏みにじる「独善と暴走の象徴」にな…

東京五輪で開閉会式が開かれる国立競技場=2021年5月16日、東京都新宿区、朝日新聞社ヘリから、北村玲奈撮影 

紛争の絶えない中東の国々が核開発の競争に陥るのは、悪夢だ。その危機を防ぐには、地域大国イランの核合意を是が非でも再生させねばならない。 行方を決めるのは、イランと米国の交渉である。トランプ前政権による合意からの離脱を誤りだったと考えるバイデ…

6月18日、イラン大統領選の投票を終えたあと記者会見するライシ師=AFP時事

まだ沖縄が日本ではなかった1960年代。魚屋を営む豪傑おばぁ玉城(たましろ)ウシが、庶民の味方サンマにかけられた20%の関税に憤り法廷闘争に打って出た。「サンマ裁判」と呼ばれた珍騒動はやがて、沖縄の自治を問う闘いにつながる▼7月公開の映画「…

有料会員記事

暮らしと話題

解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
長野智子さんら総勢57人
コメントプラス始動
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL