メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

東京地裁の訴訟に加わり、判決を待たずに2021年1月に亡くなった佐藤郁夫さん=友人のフォトグラファー・中内真紀さん撮影

「私は今年、還暦になったゲイ男性です」「最期の時は、『夫夫(ふうふ)』となったパートナーの手を握って天国に向かいたい」 2019年春、1人の男性が東京地裁の法廷で夢を語った。同性のカップルが結婚できない現状はおかしいと訴えていた。 しかし2…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

現在の高校1年生が受ける、2025年1月に行う大学入学共通テストの試作問題を大学入試センターが発表した。 共通テストは昨年スタートした。だが、新学習指導要領にもとづいて、25年から「情報」を出題し、地理歴史・公民などの出題科目を大幅に組み替…

有料記事

週末、マギー・マラン振り付けの「May B」を観(み)る。現代ダンスのジャンルで、初演から40年を超え、世界各地で巡演を続けている作品は極めて稀(まれ)だ。 顔全体を白く塗り固められた10人のダンサーは、果たして生者なのか死者なのか。車いす…

「トコロドコロ」 絵・皆川明
有料記事

一人ひとりの有権者が足元の課題を見すえて、意中の候補に票を投じる。海峡を隔てて対峙(たいじ)する中国との緊張が一段と深まる状況においてもなお、台湾で民主主義の常道が実践された意義に注目したい。 台湾で4年に1度の統一地方選が行われ、台北市長…

雨の中で開かれた台北市長選候補・蔣万安氏の集会。この後初当選を果たした=11月26日夜、台北、村上太輝夫撮影

脳死下での臓器移植が可能になって25年がたち、この間、900人近くが提供者(ドナー)となった。移植以外の治療が見込めない患者を救う医療として定着した一方、希望者に比べて提供できる臓器が圧倒的に少ない状態が続いている。 2010年の改正法施行…

臓器提供意思表示カード=日本臓器移植ネットワーク提供

幾時代かがありまして/茶色い戦争ありました――。昭和の詩人、中原中也が代表作「サーカス」を書いたのは日本の中国侵略の発端となる満州事変勃発の前夜、1920年代末のことだった▼20代だった中也にとっての過去の戦争は第1次大戦やシベリア出兵だっ…

有料記事

暮らしと話題

元プレミアム会員
の方限定!
プレミアム4カ月間半額!
再入会キャンペーン
詳しくはこちら
朝デジ・プレミアムプレゼント
 お申し込みはこちら
【プレミアム会員限定】
人気書籍を40名様にプレゼント
詳しくはこちら
朝デジ・プレミアムプレゼント
 お申し込みはこちら
【プレミアム会員限定】
人気書籍を40名様にプレゼント
詳しくはこちら
朝デジ有料会員限定!
「朝日新聞モール」でおトクにお買い物
WEB注文&クーポンコード
 「asadigi2201」で15%オフ!
詳しくはこちら
有料会員限定で先行公開!
作家応援企画の応募は今月末まで
須藤古都離さん、紗倉まなさんの新刊を
発売前にレビュー
詳しくはこちら
有料会員限定で先行公開!
作家応援企画の応募は今月末まで
須藤古都離さん、紗倉まなさんの新刊を
発売前にレビュー
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human