メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

今年6月に国会内で開かれた、教団の友好団体と関わりのある議員懇談会で記念撮影をする友好団体の幹部と宮島喜文前参院議員(一番右)ら。宮島氏は同懇談会の事務局長を務めていた=関係者提供

2016年の参院選で「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の友好団体から支援を受けた自民党の前参院議員の宮島喜文氏(71)が朝日新聞の取材に応じ、その経緯や支援の実態を語った。今夏の参院選前にかわした安倍晋三元首相とのやりとりの内容も証言し…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

40度近い酷暑が続くと、いやでも気候危機という言葉に実感がわく。だが、今日の暑さをしのぐにはエアコンが欠かせないし、火力発電に頼る現状もすぐには変えられない。 このジレンマに、金融の仕組みはどう向き合うべきか。環境(E)や社会(S)などに対…

オランダで開かれた防衛産業の技術見本市。展示画面には「サステイナブルな未来」の文字=6月、ロッテルダム、和気真也撮影
有料会員記事

冗談やユーモアのつもりで発せられた言葉が炎上し、発言者が非難の的になる事件が目立つ。そのたび、差別や偏見につながりやすい「笑い」自体に厳しい目が向けられる。「笑い」は「取扱注意」の忌避するべきものなのか。「笑いの哲学」の著書もある日本女子大…

日本女子大の木村覚教授=東京都文京区
有料会員記事

人間の判断を介さずに、敵を殺傷する。ためらいも、恐怖心もない。そんな非人道的な兵器が、人工知能(AI)の発達で現実になりつつある。AIを搭載したドローンなど、戦場の自動化・無人化は急速に進んでおり、本格的に配備されてからでは遅い。国際的な規…

「自律型致死兵器システム」に関する政府専門家会合で議論する各国代表ら=2019年8月20日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部、吉武祐撮影

岸田内閣と自民党は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を本心から反省し、今後断ち切るつもりがあるのか。個々の政治家に対応を任せきりの岸田首相から、その覚悟はうかがえない。積年のウミを出しきり、教団と決別できなければ、政治への信頼回復…

旧統一教会問題について、質問に答える自民党の萩生田光一政調会長=2022年8月18日、東京・永田町、上田幸一撮影

岸田首相は閣僚らに対し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を「点検し、適正に見直す」よう指示した。しかしそれは「各自が、もっともらしい言い訳をする」という意味だったか。そう思えてしまう現状がある▼経済安全保障担当相の高市早苗氏の場合…

有料会員記事

暮らしと話題

【夏休み期間限定】全員にプレゼント!
先着100人にはさらに!
親子読みで中学入試対策にも!
朝小デジタルセットコース
詳しくはこちら
【夏休み期間限定】全員にプレゼント!
先着100人にはさらに!
親子読みで中学入試対策にも!
朝小デジタルセットコース
詳しくはこちら
720円おトクに始めるチャンス!
親子読みで中学入試対策にも!
夏休み特大プレゼントCP!
朝小デジタルセットコース
詳しくはこちら
特別展
「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」
有料会員限定で
100円割引クーポン配布中
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human