メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

コロナの病状について、一般の人と医者との認識のギャップを描いた安川康介さんのスライド

軽症は「かぜ」、中等症は「息苦しさは出そう」、重症なら「入院は必要だろう」。新型コロナウイルス感染症の症状に、こんなイメージを抱いていないだろうか。だが、実際にはこんなに甘くない。それを端的に描いた一枚のスライドが反響を呼んでいる。スライド…

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

今春、東京から大阪へ異動した。地元の関西で暮らすのは、大学卒業以来7年ぶり。当時は感じなかったが、取材では経済の「地盤沈下」を嘆く声をよく聞く。関西は三大都市圏の一角だが、企業の東京移転などで活力が低下。国内総生産に占める割合は1970年を…

会員記事

夫婦の姓を同じにしなければ結婚できない今の制度について、最高裁大法廷は2015年に続いて再び、憲法に違反しないと判断した。決定は「制度のあり方を考えるのは国会だ」としてボールを国会側に投げた。決めるのは国会か、それとも司法か。ボールはどこに…

舛添要一さん
有料会員記事

高速道路の料金徴収期間を期限なしに延長する方針を、国土交通省の有識者会議がまとめた。大規模な修繕・更新を続ける費用を確保するため、2065年までとしてきた徴収期限を撤廃する方向だ。 高速道は一般道よりサービス水準が高い。将来にわたってその維…

高速道が将来、無料開放されるという原則は風前のともしびになりつつある=2021年1月3日午後、神奈川県海老名市、朝日新聞社ヘリから、長島一浩撮影

鹿児島県西之表市の馬毛島(まげしま)に自衛隊基地を造り、米軍機などの訓練を実施する計画に対し、騒音被害や自然破壊を懸念する声があがっている。 政府はこれに誠実に向き合い、適正な手続きに基づき、説明責任を果たさねばならない。まず試されるのは…

自衛隊基地の整備計画が進む馬毛島。後方は種子島=2021年3月10日午後、鹿児島県 朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影

戦争文学の傑作、大岡昇平の『野火』の主人公は野戦病院に送られる。血だらけの傷兵が床にごろごろしている前で、彼は軍医に怒鳴りつけられる。肺病なんかで病院に来たことを理由に。それでも何とか入院するものの3日で追い出される▼隊に戻ると、病人を抱え…

有料会員記事

暮らしと話題

各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
現在シンプル
コースの方限定!
スタンダードコース(月額1980円)が
今だけ2カ月間980円!
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら
各界のゲストと語り合う
「記者サロン」など参加者募集中!

記者イベントカレンダーはじめました
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME