メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

人工透析ができる施設

高齢の腎不全患者が、透析をやめたり見合わせたりすることを決める際に必要な手順や、その後のケアのあり方を示したガイドを、日本医療研究開発機構(AMED)研究班がつくった。医療現場では、どのように人工透析をしない選択がされているのか。 都内で一…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

■記者解説 編集委員・佐藤武嗣 岸田文雄首相は昨年12月の所信表明演説で「敵基地攻撃能力も含め、あらゆる選択肢を排除せず現実的に検討する」と語り、今年末までに改定する国家安全保障戦略で「敵基地攻撃能力」の保有宣言を検討する考えを示した。 だ…

陸自が保有する12式地対艦誘導弾の発射装置。政府は現在の射程約200キロから900キロ超への長射程化を目指す
有料会員記事

人気薄の「逃げ馬」。競馬で大穴が出るパターンのひとつだ。あれよあれよといううちに「一人旅」でゴールしてしまう。日本ダービー直前、競馬歴半世紀の作家・コラムニストの亀和田武さんに「逃げ馬」論を聞いた。■リレーおぴにおん 「逃げる」 日本中がハ…

亀和田武さん
有料会員記事

立法府の長でありながら、法律の定めを無視するような言動を重ねる。市民感覚とかけ離れた発言にも批判が集中した。そのうえ、女性記者らに対するセクハラの指摘に対し、説明責任を果たそうとしない。これでは、議長の資質に欠けるというほかなく、国会に対す…

衆院本会議に臨む細田博之議長。手前は答弁する岸田首相=2022年5月25日、上田幸一撮影

オーストラリアの新政権が、発足とともに活発な外交を展開している。各地で温暖化対策への取り組みを強調しており、その言葉どおり、地球環境に敏感な資源大国になってほしい。 今月の総選挙で勝利し、首相に就いたのは労働党のアンソニー・アルバニージー氏…

日米豪印(クアッド)首脳会合に参加するため来日し、24日、首相官邸で岸田文雄首相と握手するオーストラリアのアルバニージー首相(左)=AP

死因は社会のありようを映し出す。日本では1980年代初めから、がんが1位で、いまは死因全体の3割近くになっている。他の病気で命を落とすことが減り、長生きになった結果であろう▼米国の1~19歳の死因も、社会の姿を物語っている。ミシガン大学の調…

有料会員記事

暮らしと話題

毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human