メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

もっと見る

注目情報

4府県への緊急事態宣言発出について、会見で説明する菅義偉首相=2021年7月30日午後7時2分、首相官邸、上田幸一撮影

菅義偉首相は30日夜の記者会見で、「これまでに経験をしたことがないスピードで感染が拡大している」と述べ、国民に不要不急の外出の自粛を求めた。一方で東京五輪・パラリンピックの中止や、ロックダウン(都市封鎖)については否定的な考えを強調した。 …

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

暮らしやレジャーが制限される夏休みが始まった。医療従事者から始まった新型コロナウイルスのワクチン接種は、幅広い層へと対象が広がっている。打たない選択は尊重されるべきだが、多くの人たちは早く接種して日常を取り戻したいと願っているだろう。 中で…

会員記事

日本経済の停滞の真因は、それまで指摘されていたような円高不況や産業競争力の衰退ではなく、まして財政出動や金融緩和が足りないのでもない、最大の要因は生産年齢人口の減少である。藻谷浩介さんは著書「デフレの正体」でそう喝破した。あれから10年余…

取材に応じた地域エコノミストで日本総研主席研究員の藻谷浩介さん=2021年7月15日午後5時6分、東京都中央区、角野貴之撮影
有料会員記事

温室効果ガス削減に取り組む政府の新たな計画案がまとまった。個人や企業の意識改革や行動変容を促すため、詳細を詰めてわかりやすく示すとともに、温暖化対策の必要性を丁寧に伝えて協力を促すべきだ。 計画案は、温室効果ガス削減の政府目標「2030年度…

風力発電所の風車が連なる=北海道幌延町

2019年に31年ぶりに商業捕鯨が再開してから、今年で3年目を迎えた。過去2年間は、「商業」とは名ばかりだった。鯨肉の卸売市場規模が年25億円程度なのに対し、昨年度の水産庁の補助金は倍の51億円。まさに補助金漬けである。 捕鯨業の中核を担う…

老朽化した共同船舶の捕鯨母船「日新丸」。後継船の建造が具体化してきた=2020年7月29日、山口県下関市、貞松慎二郎撮影

生きとし生けるもの、例外なく年を取る。かつて凜(りん)とした立ち姿で一世を風靡(ふうび)した千葉市動物公園のレッサーパンダ風太も老境を迎えた▼2003年に静岡で生まれ、まもなく千葉へ。「立てるんです」という見出しで、その勇姿が本紙の社会面を…

有料会員記事

暮らしと話題

解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら
解説・視点・提案
 専門家がコメント投稿
コメントプラス
新着順にまとめ読みできます
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME