メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

速報ニュース

もっと見る

最新コメント

注目情報

母の日にイリーナ(左)に花束を渡し、キスをするマリーナ。右はジャスミン=2022年5月8日午後、横浜市南区、藤原伸雄撮影

ロシアによるウクライナへの侵攻が始まってから約5カ月が過ぎた。攻撃は首都キーウ(キエフ)をはじめ、全土におよんだ。多くのウクライナ人が海外に逃れ、日本にもこれまでに1500人以上が避難している。■家族全員が笑顔で 複雑な思いを抱えたまま、避…

これまでのトップニュース

オピニオン

有識者や記者の視点・論点

9月に行われる安倍晋三元首相の国葬への賛否が割れています。歴史学者で国葬を研究する宮間純一さんは、そもそも国葬は「歴史的に役割を終えた」ものだとして、実施に疑義を呈します。「戦後の民主主義とは相いれない」と、宮間さんが考える理由とは――。 …

東京・神谷町を進む山本五十六・連合艦隊司令長官の葬列=1943年6月
有料会員記事

踊りの技術は、人間性と一緒に磨かれ続けることで、それ自体が類いまれな表現となりうる。今月、東京バレエ団の最高位プリンシパル、上野水香さんの踊る「ボレロ」を見て、そう気付かされた。振り付けは巨匠モーリス・ベジャール。円卓の上にひとりで立ち、群…

「ピース」 絵・皆川明
有料会員記事

岸田政権になって初の「終戦の日」のきのう、高市早苗経済安全保障担当相と秋葉賢也復興相の2閣僚が靖国神社に参拝した。その2日前には、西村康稔経済産業相の参拝もあった。 ロシアによるウクライナ侵略や台湾海峡の緊張に、「平和国家」としてどう臨むべ…

靖国神社に参拝後、記者の質問に答える高市早苗経済安全保障担当相=2022年8月15日、東京都千代田区、岩下毅撮影

武力で実権を握ってから1年。いまだ政府として承認する国がひとつも現れていないことが、全てを物語っている。 アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンである。 昨年8月15日に首都カブールを制圧して旧政権を倒した際、さまざまな約束を行った。 多…

2022年7月、学校に通えないため「地下学校」で勉強するアフガニスタンの女子生徒たち=AFP時事

推理小説家のヴァン・ダインが同業者に向けて書いた創作の心得がある。「探偵小説作法二十則」という小文で、たとえば「心霊術、水晶占いの類いで真実に到達するのはタブー」だという。理詰めで犯人を突き止める探偵が不要になるからだ▼「探偵自身が犯人であ…

有料会員記事

暮らしと話題

720円おトクに始めるチャンス!
親子読みで中学入試対策にも!
夏休み特大プレゼントCP!
朝小デジタルセットコース
詳しくはこちら
720円おトクに始めるチャンス!
親子読みで中学入試対策にも!
夏休み特大プレゼントCP!
朝小デジタルセットコース
詳しくはこちら
【夏休み期間限定】全員にプレゼント!
先着100人にはさらに!
親子読みで中学入試対策にも!
朝小デジタルセットコース
詳しくはこちら
一日のスタートに
/興味が広がる
朝デジニュースレター
登録はこちらから
詳しくはこちら
特別展
「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」
有料会員限定で
100円割引クーポン配布中
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら
毎日更新中!
ながら聞きでニュースを深く
/朝日新聞ポッドキャスト
詳しくはこちら

and

&w &M &TRAVL &TIME &Human