メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局 広告特集

PR:キリンホールディングス株式会社

タモリさんも驚いた。「免疫って自分でケアできるの?」
~免疫の司令塔pDCに作用し、免疫機能全体に働く。「プラズマ乳酸菌」とは?〜

毎日の健康が大切な今、注目を集めているのが「免疫」。そしてそれに役立つと言われる「プラズマ乳酸菌」です。免疫の司令塔に作用し、免疫の司令塔から免疫機能全体(※1)に働きかけ、「免疫ケア」をサポートするといわれています。果たしてどんな乳酸菌なのでしょうか? 9月9日に都内で開かれた発表会で、「プラズマ乳酸菌で免疫ケア」のアンバサダーに就任したタモリさんが、開発に携わった藤原大介博士に聞きました。

(※1) 免疫の司令塔「pDC」の下流に位置する免疫細胞群(キラーT細胞、NK細胞、B細胞、ヘルパーT細胞)に働きかける作用のこと。

免疫の司令塔に作用し、免疫機能全体に働く

プラズマ乳酸菌

まずは「プラズマ乳酸菌」について藤原博士から説明がありました。

藤原博士:免疫細胞も会社組織のように上下関係があって、司令塔を「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」と言います。「プラズマ乳酸菌」は、その「pDC」を直接活性化することができる唯一(※2)の乳酸菌なんです。活性化された司令塔の指示・命令により、免疫細胞全体が活性化され、外敵に対する防御システムが機能するのです。

(※2) 乳酸菌の中で唯一、免疫の司令塔の一つpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)を直接活性化することが論文で報告されている。(2021年9月1日 キリンホールディングス調べ PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)

タモリ:免疫って本当にすごい組織。でも、それに指示をする司令塔があるっていうのは知らなかったですねぇ。

実は、この「プラズマ乳酸菌」を発見したのが、藤原博士でした。

藤原博士:これまで乳酸菌は「pDC」を活性化できないとされていたのですが、2012年に、我々が世界で初めて(※3) pDCを活性化できる乳酸菌を報告し、今回事業化しています。

(※3)ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)

タモリ:ちょっと本筋から離れるんですけれど、藤原博士は、なぜキリンに入って乳酸菌の研究をしようと思ったのでしょうか。

藤原博士:もともと私自身は、ビール酵母の研究をしていました。一方で、あまり知られてはないないのですが、キリンは医薬事業がありまして、免疫研究を強みとしてやってきました。酵母や乳酸菌などの「微生物」という強みと、「免疫」という強みが結びついて、世界で初めてプラズマ乳酸菌を見つけることができたわけです。

タモリ:なるほどね。やっぱりビールは酵母ですからね。微生物ですからね。世界で初めてなのはすごいね。

今こそ、免疫ケアを

そもそも免疫とは、健康を維持するための「外敵と戦うカラダの防御システム」のことを言います。健康のためには免疫の維持が大切なのですが、実は免疫は簡単に下がってしまうそうです。それでは、ここでクイズです!タモリさんと一緒に考えてみましょう。

Q免疫は、どういった時に下がるのでしょうか?
① 激しい運動のあと
② 失恋したあと
③ 怒られたあと

タモリ:まず②は違いますよね。失恋も程度がありますから。やっぱり、答えは③怒られた後じゃないですか。

藤原博士:正解は「全部」です。失恋も、ものすごく傷ついた時は、ダメージがかかりますし、運動もしすぎると、肉体的なストレスがかかるからです。人間はさまざまな要因で、ナイーブにダメージを受けてしまうのです。

タモリ:へぇー。じゃあ、失恋の後、注意しないといけないですね。

では、どうすれば日常生活の中で免疫を維持することができるのでしょうか。

藤原博士:免疫機能を維持するためには、「規則正しい生活」「適度な運動」「栄養バランスの良い食事」「休養(十分な睡眠と、心のゆとり)」が重要です。自分の免疫のチェックのために、免疫セルフチェックシートを活用するのもいいと思いますよ。

今回はこの「免疫セルフチェックシート」にタモリさんも取り組んでみました。結果は、3つが「はい」、残りが「いいえ」となりました。

藤原博士:全体としては3つしかありませんので、総評としては、普段から健康を意識して努力されているのではないかな、と思いました。

タモリ:意識はしていますねぇ。

藤原博士: とても若々しいですけれど、この習慣を継続していただいて、ずっと活躍していただきたいな、と思います。

タモリ:はい、ありがとうございます。気をつけます…。気をつけたってしょうがないよね。

藤原博士:気をつけられるかもしれない…っていうのが今回の話なんですね。

免疫が下がると、体内に外敵が入り込みやすくなってしまいます。日頃から免疫の維持を心がけることが大切ですね。

毎日の新健康習慣に「プラズマ乳酸菌」

今年8月に76歳になったタモリさん。健康の秘密について聞いてみると、タモリさんらしいお答えでした。

タモリ:僕が最近意識しているのは、運動すること。スポーツはあまりしてこなかったんですけど、ぶらぶら散歩をするようにしています。ちなみに、今回のテーマである「免疫ケア」でいえば、効率的に取り入れる方法があるのでしょうか。

藤原博士:免疫細胞は体の隅々にありますが、一番数が多いのは腸です。免疫細胞を活性化させるため、毎日、飲み物や食べ物で継続的に乳酸菌を摂取することが大切です。

「プラズマ乳酸菌」は、2週間以上摂取し続ければ、pDCが活性化されたという科学的エビデンスもあります。

タモリ:習慣づけることが大切ですから、食べ物や飲み物の方が継続しやすいですね。最近血液検査を受けたら、「水分不足ですね」と言われて。それ以来、努めて水分をとるようにしているんですけど、プラズマ乳酸菌がお茶に入っていたらいいですね。
私もプラズマ乳酸菌で免疫ケアしながら、これからも頑張っていきたいと思います。みなさんもぜひはじめてください。

●機能性表示食品
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

【届出表示】本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma )が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。